Search

検索したいワードを入力してください

行動指針の意味と作り方・企業理念/行動理念との違い

初回公開日:2017年09月18日

更新日:2020年06月01日

記載されている内容は2017年09月18日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

企業内でよく使う行動指針という言葉。似たような言葉として、企業理念、行動理念があります。こういった言葉の使い分けや理解は難しいですが、会社の風土や目指す方向性に関して考えていく上で重要な役割を果たします。根本となる企業理念に重点を置きつつ、みていきましょう。

行動指針とは?

行動指針とは、会社で働くメンバーが積極的に実践すべきことで、どのように考えどのように行動するかの基本となる方針です。

行動指針の役割

企業は組織で動く必要があり個性は重視されるべきですが、組織で動く際に強すぎる個性は組織を破壊しかねません。組織では個性よりも強調性が大切で、呼吸を合わせて一緒に働く必要があります。様々な個性を束ねながら一つの目標に躍進するには行動指針に従うのが良いということです。

行動指針の例

企業が挙げる行動指針を具体的にみていきます。Googleとメルカリ、ランサーズの行動指針を取り上げました。

Google

(1)ユーザーに焦点を絞れば、ほかのものは後から付いてくる
(2)一つのことをとことん極めてうまくやるのが一番
(3)遅いより速いほうがいい
(4)ウェブ上の民主主義は機能する
(5)情報を探したくなるにはパソコンの前に居るときだけではない
(6)悪事を働かなくても稼げる
(7)世の中にはまだまだ情報が溢れている
(8)情報のニーズはすべての国境を超える
(9)スーツがなくても真剣に仕事は出来る
(10)「素晴らしい」では足りない

出典: https://www.google.co.jp/about/ |

Googleの行動指針は、後述しますが、信念・価値観を掲げています。

メルカリ

Go bold 大胆であれ
世の中にインパクトを与える多くのイノベーションを生み出します。破壊的創造を目指し、大胆にチャンレンジをして、数多くの失敗から学んでいます。

All for One
メンバーの力を結集してチームで最高のプロダクトを創ります。チームはどのような成果をあげており、それに個人としてどのように貢献しているかというチームワークは非常に重視しています。

Be professional
メルカリは卓越した能力を持った個人が考え抜き、ベストを尽くす組織です。メンバーは常にオーナーシップを持って自由に仕事をして専門的能力をレベルアップしていきます。

出典: https://www.mercari.com/jp/ |

メルカリは、急成長を遂げている企業で、姉妹アプリや取扱い分野の拡大など積極的な姿勢はこれらの行動指針からもわかります。

ランサーズ

ランサー第1主義
ランサーへの価値提供を第一に考える。

ポジティブ思考
前向きに考え、発言し、行動する。批判より提案を。

チャレンジ
迷ったらまずやってみよう。思想より行動を。

やり切る
自由に思考し責任をもってやり切る「自律集団」。

自分ごと化
圧倒的な当事者意識をもつプロ集団。

チームランサーズ
お互いを信頼しリスペクトする仲間。グループではなくチーム。

誠実
社会に対してフェアに真摯に向き合う。家族に誇れる行動を。

出典: https://www.lancers.co.jp/mission/ |

ランサーズの行動指針は、浸透という観点からもとても参考になるので後述します。

企業理念と行動理念と行動指針の違い

企業理念とは

理念とは考え方であり、企業の存在意義やあり方、事業を通してどんなことを達成したいかの根本的な土台となる目的自体を指します。

行動理念とは

行動するための考え方、行動を起こす上で動機や判断基準などを指します。

Latests