Search

検索したいワードを入力してください

経営方針の作り方・経営理念や経営戦略との違い

初回公開日:2017年09月20日

更新日:2020年08月28日

記載されている内容は2017年09月20日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

一口に経営方針といっても色々あります。そもそも経営方針と経営理念や経営戦略との違いは、どのように作ったら良いのでしょうか。様々な事例をもとに企業に合った経営方針の作成について解説します。すべての企業の活動の基礎となる経営方針について、その全てをご紹介します。

経営方針の作り方

自社の経営方針は何ですかと聞かれた時に、すぐに答えられる人がどれだけいるでしょうか。経営方針とは読んで字のごとく会社を経営する上での方針です。

会社を経営する上では様々な行動を行います。物を製造したり、仕入れや販売、人の採用・育成など多岐に渡ります。これらの行動は全て目的を持って行われます。どのように利益を出すのか、自社の社員にはどんな存在であってほしいのか、それらを取りまとめたものが経営方針です。

経営方針が明確でないとか明確ではあるが従業員が理解してないとなると、企業の目的やそこにたどり着くための道筋がわからなくなり迷子、つまり業績不振に陥ってしまいかねません。そんな企業の目的を具体的に示した経営方針をどのように定めればよいかを探っていきます。

人から聞かれたら即答できるまで深く理解をしてワンラックアップを目指しましょう。

経営方針の例

これから経営方針を作りたい、あるいはすでに経営方針はあるけど変更したいと考えている人で「一体どのように経営方針を作成したらよいのかわからない。」という時は他社の経営方針を参考とするのも一つの手です。

同じ業界はもちろんのこと他業種であっても、いい会社は優れた経営方針を掲げているものですので、最初は真似するところから初めてもよいでしょう。また、経営方針は途中で変更するのもありです。時代が変われば価値観も変わるので、柔軟に考えましょう。

中小企業

中小企業が経営方針を決める場合にはどのようにしたらよいでしょうか。他社を参考にしても良いのですが、あまりにも自社の現状とかけ離れすぎているものはお勧めできません。例えば世界的な大企業の方針をそのまま持って来ても「大きすぎるサイズの服を着ている」状態で似合わないどころか、外部からはみっともないとみなされる可能性もあります。

そのため必要なのは自社の現状分析です。強みは何か、独自の技術やサービスは何か。客層や地域はどこに絞るのか。いま業界内でどのポジションにいて、今後どこを狙うのか。これらのことが整理できればおのずと経営方針は固まってきます。身の丈に合った経営とは自社にちょうどいいサイズの経営方針を採用しているということです。まずはここから始めるといいでしょう。

分かりやすいスローガンを用いる

経営方針を作る際についついやってしまいがちなことは、やたらと難しい言葉や専門用語を並べることです。そうした方がカッコいい、もっともらしいことを言っていると思わせたいのでしょうが逆効果です。先述したようにいくら素晴らしい経営方針を作ったとしても、周りに浸透しなければ意味がありません。

専門用語や難しい言葉を全く使っていけないわけではありません。ただし基本となるのは分かりやすい言葉であるべきです。スッと胸に響くようなスローガンがあれば頭に残りやすいでしょう。経営方針は経営者・従業員が実行できて初めて意味を持ちます。ただの言葉ではなく実行力を持たせるためには分かりやすく覚えやすい言葉を選びましょう。

経営方針・経営理念・経営戦略の違い

経営方針と経営理念、経営戦略。似たような言葉ですが、それぞれ作られる目的や作り方が異なります。いずれも経営の軸となるものですのでその違いをしっかりと理解して作成したいでところです。まず最初に作るものが経営理念です。

これは企業がどういう存在でありたいか、ということを言葉にしたものです。例えば「業界でを目指す」とか「社会に役立つ存在となることを目指す」などです。経営方針は経営理念を実現するための具体策をまとめたものです。そして経営戦略は経営方針を実行するために何が必要か、どんな手を打つべきなのかの行動方法をより具体的に示したものです。

経営方針書の書き方はどうすればいい?

経営方針についてはある程度骨格が理解いただけたかと思います。では実際に資料として落とし込むにはどうすればよいか見ていきましょう。

パワーポイントなど

経営方針の書き方については好みの形で構いません。例えば墨で清書して額縁に飾ってもよいですしパワーポイントで作成し社内のPCで共有するのもよいでしょう。その際は図を用いより視覚的にすると見やすくなります。

また社員証の裏に印字してネックストラップの中に入れ従業員に身につけさせている企業もあります。今はウェブサイトを開設している企業がほとんどです。自社HPがあればそこに掲載することでより広く公開できます。

いずれにしろ重要なのは、経営方針をしっかりと開示することです。どれほど立派な経営方針を作ったとしてもそれを経営者だけが分かっていたのでは意味がありません。従業員、顧客、株式を上場しているのであれば株主など企業に関わる全ての人の目に止まるような工夫をすることが一番大切です。

経営方針発表会を行うことの重要性

経営方針の発表会を行う企業もあります。経営方針を発表する場をあえて設けることで社内的にも社外的にもしっかりとアピールすることを目的としています。従業員には自社の現状を認識してもらい今後の進むべき方向性を共有してもらいます。経営者と従業員のベクトルを一致させるための確認の場としてとても有効であり重要なものです。

また取引先や金融機関を来賓として招くこともあります。企業は単体では存在することはできません。様々な外部の協力の上に発展・繁栄がありますのでそのための協力を仰ぐ意味でも自社の経営方針を知ってもらうことは事業の運営を円滑にするためには欠かせません。

経営方針発表会に相応しい服装とは?

経営方針発表会にはどのような服装で臨めばよいのでしょうか。例えばアパレル業界やIT企業など普段から必ずしもスーツでなくてもいい企業があります。それこそ社長は普段Tシャツにジーンズ、という企業も増えています。もし経営方針の発表会が社内の人間だけで行われるのであれば普段の服装でカジュアルに行ってもよいでしょう。

ただ外部から来賓を迎えるのであれば黒系のビジネススーツを着用する方が好ましいといえます。男性であればネクタイも着用することになりますが、その際はレジメンタルやペイズリーなどの柄物よりは無地でシンプルなものの方が公式な決意表明の場にはよりふさわしいでしょう。

業界別の経営方針

Latests