Search

検索したいワードを入力してください

マネジメント経験に関しての書き方・アピール方法・定義・例

初回公開日:2018年04月17日

更新日:2020年08月28日

記載されている内容は2020年02月19日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

マネジメント経験者の転職に必要なアピールポイント、そして、管理職を採用する側はどのような人材を欲しているのか、これを踏まえた上での職務経歴書の書き方と、面接でのアピールが必要になります。マネジメント経験を活かすというのは普通よりもスキル値の高い面談になります。

マネジメント経験に関しての書き方

マネジメント経験に関しての書き方・アピール方法・定義・例
※画像はイメージです

マネジメント経験を職務経歴書に書く場合は、あらかじめそのステージの職を所望している時に限ります。つまり、マネジメントの力量があって、管理職からのスタートを望む場合に、書くのが、職務経歴書におけるマネジメント経験です。

職務経歴書の書き方

マネジメントとは言っても、さまざまな管理者としての仕事があります。マネジメント職で現場を渡り歩いてきた人もいれば、係長クラスで長年大企業に居た人などさまざまです。ここでは、まず職務経歴書にどういう人が、どういう内容で経験を書き加えるかについて説明します。


職務経歴書に審査の基準となるマネジメント経験を書く場合は、採用側があなたに、どのくらいのスキルであるかを判定する必要があるので、前社のイメージを伝えるより、自らどの程度の管理力が必要か聞くほうが良いです。つまり、自分の職能が次社に適応されるかどうかを見なくてはなりません。

マネジメント経験の多い場合

マネジメント経験を職務経歴書に書く場合は、その前歴の仕事内容を書きすぎても、次の会社で使用できるかどうか採用側は解りません。ですから手短に書くことをします。

これは、マネジメント自体に言及するよりは、採用側との面談をメインに意識し、判定されるほうが望ましいからです。マネジメント経験の役職があっても、書類審査ではなく、面談で正式決定される採用枠がマネジメント職になります。

マネジメント経験の少ない場合

マネジメント経験に関しての書き方・アピール方法・定義・例
※画像はイメージです

マネジメント経験における職種や、その管理職の職能の少なさが目立つ場合は、その職能の内容を書くと、マネジメント経験の具体的スキルが明瞭になり、分かりやすくなります。採用する方は、そのマネジメント経験の種類が、会社に適用されるかどうかを判断しますので、役職名と、その仕事の内容や大変さについて知りうることを書くと、良識のあるマネジメント経験者と言われます。

職務経歴書に書かない方がよいこと

職務経歴書に書きすぎてはいけないのは、細かな専門用語の類になります。場所が変わればあたらしい職場のやり方と、あたらしい職場の用語がありますので、より広範な言葉を使用して職務経歴を書きます。たとえば、マネジメントプロデューサーではなく、管理・企画といった具合に書き換えます。

マネジメントの全体的な認識度も見られますので、ほかの会社でも通用する言葉が必要になります。

転職でのマネジメント経験のアピール方法

転職の際のマネジメント経験のアピールに関しては、自らやってきましたと説明しても、あまり採用側の眼中には入りません。管理職では人柄でさえその判定基準に入ります。ですので、過去の経歴は控えめであっても、次社でどのような仕事ができるのかについて議論するのが、管理職の面談です。

自己prは控えめに

マネジメント経験に関しての書き方・アピール方法・定義・例
※画像はイメージです

自己prはマネジメント経験者から、さまざまに言われると、採用側としては、まず信ぴょう性を疑ってかかるようになります。これは、マネジメント経験による人柄や、仕事の哲学などを威風として伺う方がより説得力を持つタイプになるからです。マネジメント経験は、面談でスキルを誇張してアピールしなくても伝わります。

マネジメント経験の用語は説得力

マネジメント経験に関しての書き方・アピール方法・定義・例
※画像はイメージです

マネジメント経験はそのかつての仕事の内容を少ない言葉で語っても、スキルある人には説得力があります。なので、管理・経営・監督という言葉を数少なく説明しても、管理職同士での見切り合いで、どの程度の仕事の力量があるか判断されてしまいます。管理職同士の知見でちょっとした雑談などをしても、面接としては有効となります。

アピールは人柄と協調性に抑えて、経験談は少なくてよいです。

マネジメントは会話重視の部分がある

マネジメント経験に関しての書き方・アピール方法・定義・例
※画像はイメージです

マネジメント職には、職場での会話のスキルも見られます。指導上の言葉の上手さは、実歴として判断されますが、会話によりマネージャークラスに好かれる人材でなくてはなりません。結局、人としてのぶつかり合う職場ですので、好き嫌いで判断されることもあります。これは、媚を売るという意味ではなく、人に好かれやすい体質かどうかは非常な審査点になります。

面談で、面接官に好かれるかどうかの対応もマネジメント職では必須になります。

マネジメント経験の例

Latests