Search

検索したいワードを入力してください

「いそいそ」の意味と使い方・類語・語源・対義語・方言

初回公開日:2017年11月15日

更新日:2020年08月14日

記載されている内容は2017年11月15日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

あなたは「いそいそ」という言葉の持つ意味、正しく理解できているでしょうか。勘違いされやすいこの言葉、間違って使用していると恥ずかしい目に遭うかもしれません!これを読んで「いそいそ」について正しい知識を取り入れてみましょう。

「いそいそ」の意味と使い方・例文が知りたい!

「いそいそ」の意味と使い方・類語・語源・対義語・方言
※画像はイメージです

「いそいそ」という言葉の意味、理解できている人はどのくらいいるでしょうか。聞いたことはあって、言葉の意味もなんとなく雰囲気で理解できているつもりだけど、実際に意味を考えたことはなかった、という人も少なくないのではないでしょうか。

なんとなく、急いでいる様子が頭に浮かぶ「いそいそ」という言葉ですが、実はその言葉の持つ意味については大きな勘違いをされていることがとても多いです。では、どのような意味を持っているのか、使い方や例文を併せてご紹介します。

「いそいそ」の意味

「いそいそ」とは、嬉しいことや期待、楽しみなどがあるために、動作がはずんでる様子を表す言葉です。

「いそいそ」というと、勘違いされやすい例として、急いでいる様子や忙しそうな様子などを表す言葉と間違われがちですが、そういった意味合いを持つ言葉ではありません。嬉しさに勇んでる明るい様子を表す言葉ですので、間違えのないよう気を付けましょう。

「いそいそ」の使い方・例文

では、どのように「いそいそ」を使用するのでしょうか。例えば「彼は朝からずっといそいそとしている。」と使えば、今日何か楽しみな出来事が待っていてワクワクしている男性の様子が想像できます。

その他にも「いそいそと帰り支度をする」や「いそいそと帰路についた」などの使い方もできます。決して、急いでいる様子や忙しそうな様子を表す言葉ではありませんので、ご注意ください。

「いそいそ」を付け加えるだけで、文章中に登場する人の楽しみで嬉しそうな様子がよく伝わって、味わい深い表現にすることができます。文章を作成するときにはぜひ参考にして使用をしてみたい魅力的な言葉の一つです。

「いそいそしい」はどういう意味?

「いそいそ」の他にも「いそいそしい」という言葉がありますが、どういう意味なのでしょう。一体「いそいそ」とは何が違うのでしょうか。

この2つの言葉は、言葉として文章中での使い方が異なります。「いそいそ」が副詞であり、名詞以外の修飾に使用される言葉であるのに対し「いそいそしい」は形容詞で、名詞を修飾する言葉です。言葉の持っている意味合いは「いそいそ」も「いそいそしい」も同じですが、使い方が異なりますので、間違えないように注意しましょう。

例えば、「楽しみにして待ち合わせ場所に向かう」という文章を「いそいそ」を使って表す場合は「いそいそと待ち合わせ場所に向かう」になります。これは、向かうという動詞に対して「いそいそ」で修飾をしています。

では「いそいそしい」の場合はどうでしょう。この場合は「いそいそしい待ち合わせ場所までの道のり」という使い方ができます。「いそいそしい」は名詞を修飾しますので、向かう道のりなどの名詞に換えて表すのが正しい使用方法です。正しい使い分けができるように注意しましょう。

「いそいそ」に類語はある?

「いそいそ」の意味と使い方・類語・語源・対義語・方言
※画像はイメージです

あまり「いそいそ」を聞いたことがなかった人にとって、いきなり「いそいそ」を会話に出すのはやや勇気が必要です。そんな時に使える「いそいそ」と同じような意味を持った類語はあるのでしょうか。

「うきうき」など

「いそいそ」の類語は「うきうき」や「わくわく」といった言葉です。共通して、嬉しくて勇んでいる様を表す意味を持っています。

「いそいそ」に比べると日常的に使用する回数が多い「うきうき」や「わくわく」ですので、これらの言葉と同じ意味を持つと考えると「いそいそ」についても使用しやすくなります。

「いそいそ」の漢字はある?

「いそいそ」の意味と使い方・類語・語源・対義語・方言
※画像はイメージです

「いそいそ」に漢字はありません。類語としてご紹介した「うきうき」には「浮き浮き」という漢字が当てはまるのですが、「いそいそ」の場合、文章で使用する際はひらがなのみでの使用となります。

しかし「嬉嬉」と書いて「きき」と読むこの漢字の使い方を「いそいそ」と読ませる場合があります。「いそいそ」も「嬉嬉」も言葉の持つ意味は同じですので、文章中に出てきた場合は
都度、適した方の読み方ができるようになると良いでしょう。

「いそいそ」の語源は?

「いそいそ」の意味と使い方・類語・語源・対義語・方言
※画像はイメージです

実は「いそいそ」の語源は、はっきりとは明らかになっていません。

語源となる場合にはさまざまなパターンがありますが「いそいそ」の類語である「わくわく」の場合は、沸くという意味からきていてます。水が沸く様子や、興味が沸く様子など、内から外へ激しくなにかが出ていく様子を語源とし「わくわく」になったといわれています。

「いそいそ」も言葉の持つ意味は「わくわく」と同じですので、同じような語源がある可能性があります。まだ明らかにはなっていませんが「いそいそ」の語源について考えを巡らせてみるのも楽しみがあるでしょう。

「いそいそ」は方言?

「いそいそ」の意味と使い方・類語・語源・対義語・方言
※画像はイメージです

「いそいそ」は方言ではなく、標準語として辞典にも掲載されている言葉です。あまり耳馴染みのない人にとっては「いそいそ」を日常的に使う人に対して、これは方言なのかな、と勘違いしやすい言葉ですので注意しましょう。

「いそいそ」の他にも、地方出身者が使っている言葉というだけで方言だと勘違いされてします言葉がありますが、それは方言なのか、と尋ねると恥ずかしい思いをしますので、日頃から色々な言葉に触れておけるように、読書を趣味にして語彙力を高めることをします。

「いそいそ」の対義語・反対語はなに?

「いそいそ」の意味と使い方・類語・語源・対義語・方言
※画像はイメージです

Latests