Search

検索したいワードを入力してください

有終の美の意味と語源|使い方4例・物事の締めを表す表現例

初回公開日:2017年12月04日

更新日:2020年08月14日

記載されている内容は2017年12月04日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

多くの人は、ニュースや表彰式、祝賀会など、さまざまなところで「有終の美」という言葉を聞いたことがあるでしょう。では実際に正しい「有終の美」の意味・使い方を知っている人は、どれくらいいるでしょうか。ここでは、「有終の美」の意味・使い方を紹介していきます。

「有終の美」の意味

「有終の美を飾る」といったフレーズを耳にしたことがあるでしょう。漢字の意味から、「最後を美しく飾る?」などと、わかったような、わからないような、中途半端な解釈をしている人が多いのではないでしょうか。

そもそも「優秀の美」とはどのような意味なのでしょうか、そして、どのような場面で使うのがふさわしいのか。ここでは「有終の美」という言葉について解説していきます。

語源

「有終の美」の「有終」は「終わりをまっとうすること」です。「有終の美」とは、「終わりをまっとうすることが美しい」、つまり「物事をやりとおし、最後を立派に仕上げること」「結果が立派なこと」を意味します。

中国最古の詩集「詩経」に「初め有らざるなし、よく終わりあるはすくなし」の一節があります。

「初めはやり遂げようと思っていても、最後までやり遂げられる人は少ない」という意で、これが「有終の美」の語源です。

「有終の美」が使われる場面と例文

有終の美の意味と語源|使い方4例・物事の締めを表す表現例
※画像はイメージです

スポーツ、職場、学校など、「有終の美」は、さまざまなシーンで使われるため、日頃から耳にすることが比較的多い言葉と言えるでしょう。

では、実際には、どのような場面で、どのように使われているのでしょうか。具体例を挙げてみました。

ちなみに、「有終の美」は、その意味から「優秀の美」と勘違いされがちです。しかし、「優秀の美」という言葉は存在しないため、注意してください。

引退

「引退」とは、それまでに就いていた地位や役職を退くことを言いますが、おもに、アスリートなどが現役を退くときに用いられます。

「有終の美」という言葉がもっとも頻繁に使われる場面として、アスリートの現役引退試合などが挙げられるでしょう。

最後の試合で優秀な成績をおさめたとき、実況中継のアナウンサーの口から「有終の美」の言葉が飛び出す確率は、相当に高いと言えます。

例文1:「有終の美をもって引退した」

例えば、今シーズン限りで引退すると宣言したプロ野球選手が、最後の試合でサヨナラホームランを打ち、それがチームを優勝に導いたとすると、「◯◯選手、ホームラン、有終の美をかざりましたぁ〜っ」と絶叫するはずです。

「◯◯選手は現役最後の試合でチームを優勝に導き、有終の美をもって引退した」

そして、翌日の新聞には、上記のような文章がつづられていることでしょう。

卒業

「有終の美」は何かをまっとうしたときに使われる言葉ですから、「学業」をまっとうした証として行われる卒業式でも、度々登場します。

在校生が卒業生を送るための「送辞」に答えて卒業生がスピーチする「答辞」の中で、「有終の美」の言葉が用いられることが多々あります。

例文2:「高校生活に有終の美を飾ることができた」

「先生方や在校生のみなさんのおかげで有意義な3年間となりました。そして、本日、無事に旅立ちの日を迎えることができ、充実した高校生活に有終の美を飾ることができました。」

例えば、高校の卒業式で、卒業生のスピーチの中に、上記のような文言がはさまれたりします。答辞の場合に「有終の美」を用いるときは、恩師などへの感謝の言葉があり、「そのおかげで有終の美を飾ることができた」というニュアンスが濃くなります。

退職

退職、特に定年退職の場合も、「仕事」あるいは「職場勤務」をまっとうしたことになるため、「有終の美」の言葉が使われます。

送別会などのとき、出席者の代表が挨拶を述べる際、退職をする人を称賛する言葉として「有終の美」を用いることもあれば、退職する本人が「おかげさまで」と前置きしてから、この言葉を使うこともあります。

例文3:「諸君のおかげで有終の美となった」

「部長は退職前に我が社の過去最高の業績に貢献し、有終の美を飾った」

例えば、定年退職する上司を褒めたたえる際、上記のように、退職する本人の素晴らしい業績を挙げて「有終の美を飾った」という表現をします。

また、退職する本人が「有終の美」を使う場合は、「おかげさま」とか「諸君のおかげで」などの言葉を入れ、「決して自分ひとりの力ではない」ことを、さり気なく強調するのが、大人のマナーです。

連載終了

雑誌や新聞に連載されていた小説やコラム、コミックなどが終わる際にも、「有終の美」という言葉が使われます。

もちろん、ドラマ、バラエティ、ニュースとジャンルを問わず、テレビの世界でも連続して放映されていた番組が終わる際には、「最終回の平均視聴率は○%と、自己最高で有終の美を飾った」などという表現をします。

例文4:「有終の美をもって終了した」

「10年間続きました、◯◯先生の連載小説『×××××』は有終の美をもって終了いたしました」

例えば、雑誌に掲載されたていた連載小説が終了した際、上記のような文言で読者に告知することがあります。

「売り上げ部数」「高視聴率」といった輝かしい実績を挙げて「有終の美」の言葉を使うこともありますが、「何かをまっとうした」こと自体が素晴らしいということで、上記のように表現することも少なくありません。

ボキャブラリーを増やして話し上手になりたい人へ

Latests