Search

検索したいワードを入力してください

【例文】「よしなに」の意味と使い方4つ|類語・語源

初回公開日:2017年12月21日

更新日:2020年03月09日

記載されている内容は2017年12月21日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

目上の方、特に年配の方は「どうぞよしなに」という言葉を今でも使われている方は少なくありませんが、若者はあまり使っていない印象を受けます。そこで今回は相手に「どうぞよしなに」と言われても戸惑わないよう、「どうぞよしなに」について詳しくご紹介します。

よしなにについて

【例文】「よしなに」の意味と使い方4つ|類語・語源
※画像はイメージです

よしなにとは、「うまい具合に」という意味合いを持つ言葉です。また、「どうぞよしなに」や、「よしなにお願いします」など、ほかの言葉と組み合わせる事で、さまざまな意味を持たせる事もできます。

近年ではあまり使われなくなったよしなにという言葉ですが、効果的に使えば非常に美しい印象を相手に与える事ができます。この記事では、よしなにの意味と、具体的な使い方を解説していきます。

よしなにの意味

よしなには、「うまい具合になるように」「よいように」「よろしく」という意味です。少し曖昧な表現を持っている言葉であり、具体的な指示を行うというよりは、ぼかした表現であるといえます。

よしなにという言葉には、相手に物事の判断を委ねるというニュアンスがあるという事です。

ビジネスの場合

よしなにをビジネスシーンで使う場合、あまり具体的な指示には使用しないようにしましょう。相手に判断を委ねる言葉であるよしなにでは、自分が描いている内容と違う結果になってしまう危険性があります。

もし、相手から「どうぞよしなに」と指示を受けた場合は、指示の内容や成果物のイメージをあらかじめその場で確認するようにしましょう。そうすれば、失敗ややり直しを防げるようになります。

よしなにの語源

よしなにの語源には諸説ありますが、日本神話から生まれたという説が有力です。故事によると、「木花咲耶姫(このはなさくやひめ)」が三つ子を産んだ際、信濃の県主4人がお祝いに駆け付けてきたといいます。

その際、3つしかないへその緒を分けなければならず、「4人の信濃にはからう」という言葉から、「よしな(四信濃)にはからう」と変化し、お互い喧嘩しないように分け与えることを、「よしなに」と言うようになりました。

よしなにの類語

よしなにの類語は、「適切に」「然るべく」「適宜」などです。よしなにという言葉は「どうぞ」や「あとは」を付け加えて使用する事で、多様な意味を持ちますが、基本的には「ほどよく」というニュアンスで使われています。

よしなにの使い方

【例文】「よしなに」の意味と使い方4つ|類語・語源
※画像はイメージです

よしなには、使い方に注意すれば普段の生活のいろいろなシーンで使える言葉です。よしなには大和言葉の一つであり、効果的に使えば日本人の心の機微を繊細に美しく表現してくれます。

ビジネスシーンでも、美しい響きを持つ大和言葉は注目されてきており、お年寄りだけでなく若者でも使う人が増えてきています。ここでは、よしなにを効果的に使う方法を、例文を交えてご紹介していきます。

①ビジネスの場合

よしなには曖昧な表現であるため、具体性も求められるビジネスシーンでは控えた方がいいとご説明しました。しかし、絶対に使うべきでは無いという事ではなく、注意すれば使える場面も存在します。

よしなには目上の人が使う場合が多く、上司から使われる事はよくあります。その場合、いつまでに何をすればいいのかをきっちりと確認しておきましょう。後々のトラブル防止に繋がります。

例文

ビジネスシーンで使う「よしなに」の例文

「よしなに進めておくように」
「会議の書類をよしなにまとめておくように」
「よしなに計らってください」
「その件はよしなに進めております」

②どうぞよしなに

どうぞよしなにとは、よしなにの中で使われる頻度か高い言葉です。相手にやわらかい印象を与え、日本の和の心を伝える事に適しています。

現代語に直すと、「どうかよろしく」となります。比較的フランクな言葉なので、親交の深い相手に使うようにしましょう。ビジネスシーンでは、後述の「どうぞよしなにお願いします」の方が適しています。

例文

「どうぞよしなに」の例文

「どうぞよしなにしてください」
「どうぞよしなに使ってください」
「どうぞよしなに伝えてください」
「今週の約束どうぞよしなに」
「どうぞよしなに進めてください」

③よしなにする

よしなにするとは、「ちょうどいい具合にする」や「状況にあった状態にすること」といった意味です。よしなに自体が曖昧なニュアンスを持った言葉であり、意味が複数存在しています。

相手に対して、あなたの思うとおりにやってみてくださいという言葉なので、自分が想定している結果にならない場合があります。その事を十分に理解して、よしなにという言葉を使うようにしましょう。

例文

Latests