Search

検索したいワードを入力してください

アルバイトの面接の服装・質問内容・電話でアポを取るのか

初回公開日:2017年11月17日

更新日:2020年08月28日

記載されている内容は2017年11月17日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

応募をしたあとになってから、面接に行くときの服装やマナーなどが心配になってくる、なんてことはよくあります。アルバイト面接でのマナーは社会生活のマナーの基礎でもあります。この記事では、アルバイト面接での服装、質問内容、アポイントの取り方などについて解説しました。

アルバイト面接の服装

アルバイトの応募をしたあとになってから、面接に行くときの服装や、マナーなどが心配になってくる、なんてことはよくあります。学校を卒業してから数年社員勤めをして、結婚を機にパートをはじめようとしている主婦の方や、育児終了後や退職後のセカンドライフに趣味がてらで、アルバイトを始める中高年の方に特に多いと聞きます。

この記事では、アルバイト面接を受けるときの服装や質問内容、アポイントなどについて解説します。よくチェックして、くるべき時に備えましょう。

まず服装についてですが、男女とも清潔感を大切にしてください。清潔感とはどういうものか、どこまですればよいかというのは、職種によるところも大きいですが、清潔感がある=印象良いということを意識しましょう。

女性の服装

アルバイト面接での服装で、最も無難なのはオフィスカジュアルと呼ばれるスタイルです。上はシャツやブラウスなどできれば襟のあるもの、もしくは胸元が開きすぎず、詰まりすぎないものを、下は膝丈以上のスカートかスラックスパンツなどの、きちんと感のあるものを着用します。羽織るとしたら、テーラードジャケットやカーディガンがです。

メイクはナチュラルメイクを丁寧に作りこむイメージで行います。はっきりとした色味を出すのではなく、自分に似合うアイカラーを薄くグラデーションさせたり、アイラインでまつ毛の隙間を埋めるのに、いつもより時間をかけたりする感じです。

髪型は、肩より長ければ低い位置でまとめ、短ければ落ち着かせるようにスタイリングします。顔がはっきり見えるよう、前髪の長さや流れにも気を付けましょう。

男性の服装

アルバイト面接では男性の場合も、カジュアルすぎずオフィスでも働けるような服装を意識するとよいでしょう。女性と同様、男性も襟付きのシャツが望ましいですが、なければ襟ぐりのちょうどよいシンプルなシャツを着てください。パンツはスラックスパンツやコットンパンツなどがです。無地のジャケットを羽織れば、中のシャツが柄物などでも落ち着いて見えます。

意外と男性が見落としがちなのが、毛です。髪はもちろん長すぎないように切って、ワックスなどで落ち着かせ、寝癖のないシンプルなスタイリングをしてください。また、人によっては手つかずになっている眉も、やりすぎない程度に整えたほうがよいです。鼻毛や髭は面接に行く前に処理してください。こだわりの髭だとしても、アルバイト採用決定のためには、処理が必要です。

見られるポイント

アルバイトとはいえ一緒に働くのですから、面接官はあなたのことをしっかりと見ています。特に接客業などの場合、お客様から見てそのお店の顔になる人材ですので、細かいところまで見られる可能性が高いです。

面接を受ける側はあまり気にしない傾向にありますが、足元は特に重要です。サンダルなど足の覆われないものはNGです。女性であれば革靴か飾り気の少ないパンプス、男性は革靴を選んで前日までに磨いておきましょう。形も先がとがっているなどデザイン性の高いものは避けたほうが無難です。カジュアルな職場だとスニーカーでもOKな場合もありますが、くたびれていたり汚れていたりするとマイナス印象となります。

また、地味目な服を選んだからといって、靴下などで油断して派手な色や柄を履いていると案外目立ちます。女性の場合はストッキングに穴が開いていないかなどもしっかり確認しましょう。

アルバイトの面接はスーツで行くべきなのか

あれこれ考えるのが面倒だったり、アルバイト面接にふさわしい服装が普段の自分の服装とかけ離れているなどすると、いっそのことスーツで行ったほうがよいのではないか、と思うのもおかしくはありません。実際、私服よりスーツのほうが適するアルバイト面接もあります。

私服かスーツか、の分かれ道はアルバイトの職種にあります。例えば塾講師や営業系のワークや金融系の職場など、スーツで働くことが前提とされている職場であれば、面接もスーツで行くのがふさわしいといえます。また、ホテルや高級レストランなどのカッチリとした感じの制服を身に着ける職業も、その場の雰囲気に合わせてスーツで行ってもよいでしょう。

一方、カフェやコンビニ、カラオケ店などの場合は、スーツで行くとかえって浮いてしまいますので、スーツは避けたほうがよいです。

アルバイトの面接は何を聞かれるのか

服装についてのイメージがついたら、次は中身です。面接の際の質問について対策を練りましょう。

とはいえ、あまり深く考えすぎなくても大丈夫です。アルバイト面接で聞かれる質問はどこも大体似通っているといえますし、就活や転職での面接とは違い、トリッキーなことを聞かれたり、答えにくいことを聞かれたりということは稀です。

アルバイト面接で面接官が行いたいのは、応募者のパーソナリティの確認と仕事内容や要件など、必要となる事柄についての意識の擦り合わせです。このふたつができて、印象良く面接が終了すれば、余程のことが起こらない限り、あなたの採用は確実です。

ベース①履歴書

面接時の質問の多くはあなたが書いた履歴書の中で面接官が気になったことや、書ききれていないことを聞かれるスタイルになります。前職ではどんなことをしていたのか、だとか、この住所だと最寄駅はどこか、家から最寄り駅までの通勤経路はどうかなどです。

特に、経歴にブランクがあったり、仕事を短期間で辞めてしまった経験がある人は、つっこまれやすい点ですので、ネガティブになりすぎないように、答える準備をしておきましょう。

自分のこと、かつ決まりきったことを聞いてくる形式になりますので、こういった質問がきたら、冷静に簡潔に答えることを意識するとともに、具体的な質問内容になる前に緊張をほぐしておきましょう。

また、履歴書には書いていなくても、志望理由・趣味や特技・長所と短所については、パーソナリティを知るうえで質問されやすいですので、答えられるようにしておいてください。

ベース②仕事内容や条件

面接官があなたの人となりを把握したら、次は本格的な仕事内容や条件を確認したり詰めたりといった話になります。アルバイトの研修期間やその間の時給の扱いはどうなるか、交通費はどうか、シフト制であればアルバイトに入ってほしい曜日や時間と、実際にアルバイトに入れる曜日や時間を擦り合わせていきます。

ここで重要なのは、絶対に嘘をつかないことと、もし仮にアルバイト先が求める条件と自分が働きたい条件が合わなかった場合、譲歩してもよいかそうでないかのラインをきっちりと決めておくことです。嘘をつけばバレるか、面接でバレなかったとしても必ずいつか問題になる時が来てしまいます。

また、条件の譲歩もしすぎてもしなさすぎても、後でしっぺ返しを受けるのは自分です。あいまいにすることもなるべく避けましょう。

アルバイト面接の質問内容

面接を受けると、アルバイトでもそうでなくても「最後に何か質問はありますか」と聞かれることはよくあります。このときに質問をするかどうか、あるいはどんな質問をするかなど、どう対応するかも、面接の合否を決める重要な要素となります。もうすぐ終わる、と油断せず、しっかりと取り組みましょう。

質問は必ずしよう

やってはいけないのが「特にありません、大丈夫です」、と何も聞かずに面接を終了してしまうことです。面接はアルバイト先があなたを見る場、というだけではありません。あなたがアルバイト先を見る場でもあります。実際に行ってみて気になったことや、応募する際に、気になっていたことを確認し、合格した際にきちんと働けるよう準備しておくことが必要です。

また、何も気にならない=気にしていないのではないか、と面接官に思われてしまう可能性もあります。そうなると、これまでハキハキと質問に答えてきたあなたの印象が下がってしまいかねません。

質問は多くなくても大丈夫です。その場で思いつかないことが心配な場合は、事前にいくつか用意していって、最後にひとつだけ聞く、という手もあります。

どんな職場でもOKな質問例

何も思いつかないからといって、あまりにも些末なことを聞くのは避けたいところです。質問内容は、仕事をするにあたってのイメージをつけるもの、かつポジティブな印象を残すものが良いでしょう。簡単に以下に質問例を掲載します。

・「もし採用していただけたらの話なのですが、何か準備したほうがよいものはありますか」

・「先ほどご説明頂いた~についてですが、…というイメージでよろしいでしょうか」

・「求人に昇給ありと書いてあり、アルバイトなのにと驚いたのですが、みなさんどのくらいのペースで昇給するのでしょうか」

・「学生の方とパートやフリーターの方との割合はどれくらいですか」

・「社員登用ありとのことですが、今こちらにアルバイトから社員になった方はいますか」

こうした質問をすることで、疑問が解決するだけでなく、面接官に、あなたが積極的にアルバイトとして働きたいのだという意思を示すことができます。

どうしても質問したいことがないときは

Latests