Search

検索したいワードを入力してください

【季節別】パートの面接の服装・主婦・工場・男性の服装

初回公開日:2017年11月18日

更新日:2020年08月28日

記載されている内容は2017年11月18日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

女性も男性もパートタイマーとして働きたい人は数多くいます。パートの面接にはどのような服装で行くべきなのでしょうか。職業の系統別で面接時の服装に違いはあるのか、また、季節に合わせてどのような服装をするべきなのか、などの疑問について調べてみました。

パートの面接の時の服装は?

今の時代、男性も女性もパートで働きたいという人が数多くいます。そこで悩みがちなのは、パートの面接時の服装です。パートの面接では、正社員の面接のようにスーツとまではいかなくても、きちんとした服装をし、会社側に真面目に働ける事をアピールしなければいけません。

スーツ以外でパートの面接に向いている服装はどのようなものがあるか、まずは季節別で提案してみました。

春は陽射しがあたたかくなりますが、まだ寒さも残っていますので、パートの面接時には清潔感のある白いブラウスなどの上に薄手のジャケットを羽織りましょう。

ジャケットのはテーラードジャケットです。流行りすたりのない定番の形を1枚持っておけば、面接の他にも、少し品のある服装で出かけたい時に重宝します。カラーはベージュやグレー、紺色などがです。

足元はパンプスかローファーなどの革靴にしましょう。テーラードジャケットは足元を変えるだけでも随分と印象が変わります。足元をスニーカーに変えれば、遊び着としても着まわすことができます。

夏は暑い季節なので、パートの面接にも涼しげな服装が適していますが、気を付けたいのは露出のしすぎです。とくに女性は下着が透けないようなインナー選びが大切ですし、ノースリーブは避け、スカートの丈も膝下になるように注意しましょう。また、夏だろうと生足は避けてストッキングを着用するのがマナーです。

パートの面接時の服装は半袖ブラウスにベージュやグレー、紺、などのベーシックなカラーのパンツかスカートを履くのが無難でしょう。アクセサリー類はさりげない小ぶりの物なら着用してもOKでしょう。

秋は暑さと寒さが入り交じり、服装選びが難しい季節です。そんな季節のパートの面接時にはグレーや紺などのジャケットを羽織りましょう。女性の場合、ブラウス以外でも綺麗めな二ットなら上品さや清潔感を与えられるので着用可能です。二ットアンサンブルなども上品に見えです。

足元は、寒い日にはストッキングだけでなく黒のタイツを着用しても問題ありません。


冬の服装も一番無難なのは白ブラウスにジャケットですが、秋同様、清潔感があれば二ットでも問題ないでしょう。また、パートの面接では季節感を出すのも礼儀ですので、寒い季節に薄手の服装も似合いませんし、モコモコ厚着をするのもふさわしくありません。

外で着用していたコートは面接時には脱ぐようにしましょう。また、帽子や手袋、マフラー類もはずしましょう。そして寒いからといって足元にロングブーツやムートンブーツなどはやめましょう。ストッキングやタイツを着用し、パンプスなどを履きましょう。

主婦のパートの面接の服装は?

子育てがひと段落したら、空いた時間にパートに出たいという主婦もたくさんいます。さまざまな職業がありますが、パートの面接にはどのような服装が適しているのでしょうか。
職業の系統別に考えてみました。

事務系の場合

事務系のパートの面接の場合、制服がある場合はその雰囲気に合わせた服装がです。スーツも好ましいですが、それ以外の服装では白いシャツとタイトなスカートでスーツに近いきちんとした服装にしましょう。

足元はストッキングにローファーかパンプスがです。それに伴い、髪型もすっきりと結び、真面目で賢いイメージを与えましょう。

接客業の場合

すべての面接において言える事ですが、面接では清潔感を与える事が大切です。中でも人と接するパートの場合、清潔感のある服装と身だしなみが一番重要です。そこでまずは面接官に身だしなみが整っていると感じさせなければいけません。

また、服装の色で人に与える印象は違ってきます。顔周りに明るいカラーがあると、表情まで明るく見えます。白いシャツやパステル系の明るい色の服装を選べば、血色よく健康的に見せてくれます。

接客業のパートの面接は特に内面の社交性なども見られるはずです。明るいカラーの服を着ることにより性格まで明るい印象を与えることもあるので、派手すぎない明るめのカラーの服を選び、上品なデザインのカットソーや二ットを着ると良いでしょう。

シャツやボトムにはシワが寄らないようにアイロンをかけましょう。

調理系の場合

調理に携わる食品関係のパートの面接ではまず第一に清潔感のある人物が好ましいと思われるはずです。服装の身だしなみはもちろんのこと、長い髪はすっきりと束ね、爪先まで清潔にしましょう。

さらに、調理系の職業は商品を作るのにスピードも大切なことなので、ある程度アクティブさを求められているはずです。なので女性らしい服装というよりは、パンツスタイルで活発な印象を与えるほうがいいでしょう。

調理系のパートの面接に適している服装は白いシャツに黒いパンツなど、ホテルのホール係をイメージした服装にすると清潔感もあり好まれるでしょう。

Latests