Search

検索したいワードを入力してください

バイト応募してから電話が来ない場合・かけ方・折り返しの方法

初回公開日:2018年01月24日

更新日:2020年08月28日

記載されている内容は2018年01月24日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

自分の将来に繋がると思ったり、挑戦したいと思った、あるいは自分の生活に合ったアルバイトを見つけ、応募したのにも関わらず折り返しの電話が来ない。せっかく働きたいと思って応募したアルバイト先なので、気持ちはソワソワしてしまいます。

バイト応募してから電話が来ない場合

自分の将来に繋がると思ったり、挑戦したいと思った、あるいは自分の生活に合ったアルバイトを見つけ、応募したのにも関わらず折り返しの電話が来ない。せっかく働きたいと思って応募したアルバイト先なので、気持ちはソワソワしてしまいます。

ですが、単純に忙しくて折り返しができていなかっただけ、アルバイトの応募期間を決めていて、折り返しはその期間が終わってからだったなどの理由で折り返しがなかったのであれば、こちらから連絡すると、失礼な印象を与えてしまう可能性があります。

また、忙しい時間帯に連絡してしまったりしても、印象が悪くなってしまう可能性があります。なので、折り返しがもらえないときは対応に困ってしまうことがあります。

アルバイト面接の応募をしたのにも関わらず、折り返しの電話がこない理由にはどのようなものがあるのでしょうか?また、電話がこないときにはどのように対応すれば良いのでしょうか?

高校生を募集していない

高校生の方の場合、意外と見落としがちなのは年齢制限です。アルバイトによっては、高校生可のところもありますが、多くの場合は大学生を希望して応募しています。

求人情報誌やアルバイト検索サイトなどの場合、ほとんど年齢制限明記がされています。ですが、稀に年齢制限が書いていないことがあったり、自社のホームページでアルバイト募集のページでは「詳細についてはご連絡ください」と書かれているだけのこともあります。

応募フォームが応募ページにあると、連絡で確認せずにとりあえず応募してみるという人もいます。親切なアルバイト先だと、年齢制限に達していないことを伝えるために電話をかけてくれますが、ほとんどが電話をかけ直してくれません。

繁忙期と応募が重なっている

会社やお店は人手が足りなくなったり、繁忙期であるために、アルバイトの応募をかけます。特に、「アルバイト急募」と記載されていると、これらの可能性が高いです。

会社やお店は人手が足りなくなったり、繁忙期だったりなどで、すごく忙しい状態が続いています。なので、忙しくて電話をかける時間がなかった、忙しさのあまりに忘れてしまったなどの理由から、アルバイト先から電話が来ない場合もあります。

全部のサービス業のアルバイト先に共通する繁忙期はバケーション期間ですが、それに加えて、アパレル企業だとセールを行う季節の変わり目や、クリスマスプレゼント探しで混む12月、福袋販売を行う1月、飲食店では忘年会、新年会が多い年末年始、送別会や歓迎会が多い年度終わりと始めです。

募集が終了している

アルバイトを応募する際は、アルバイトの情報誌や検索サイトなどに求人をかけます。これらは自分だけでなく、多くの人が目にします。なので、自分が連絡をしたときには、すでに採用者が応募人数に達してしまっていることもあります。

親切な会社やお店であれば、すでに応募が終了していることを電話で教えてくれることもありますが、そのまま放置されることもあります。

採用担当に伝わっていない

応募を電話で直接問い合わせをして、採用担当者が不在の場合は、他のアルバイトスタッフなどが電話対応する場合もあります。

その電話対応した人が採用担当者に伝えるのを忘れてしまっていた、もしくは慣れないアルバイト面接の電話対応で折り返しのための連絡先を聞くことを忘れてしまったということもあります。

また、伝えられた採用担当者が単純に折り返しをすることを忘れていたということもあります。アルバイト募集への折り返しなどは、毎日の作業ではないので、つい忘れてしまうということはよくあります。

電話で確認しても良い?

折り返しの連絡がない場合、確認のために電話をしても良いかどうか?、と悩んでしまう人は多いです。すでに募集が終わっていたと諦めて、別のアルバイト先を探すということも1つの選択肢です。

ですが、電話で確認するくらいであれば問題ありません。電話をして、自分の応募がきちんと通っているか、伝わっているかを確認しましょう。自分がアルバイトの面接資格者であるかすらわからない状態でいると、いつか連絡が入るかもしれないとソワソワしていないといけなくなります。また、次の行動に移って良いかの判断にも困ります。

バイト応募の電話の折り返しの方法

アルバイト先から電話がくれば、対応しないといけません。また、折り返しをしないといけない状況になるのは、アルバイトを募集している側だけとは限りません。自分もアルバイト先からの電話を取り逃がして、こちらから折り返しをしないといけないという場合もあります。

このとき、アルバイト先への第一印象を決める大事な電話なので、採用されるためにも好印象な電話の仕方をしたいところです。

素性をしっかりと明かす

社会人としてこれからも絶対的に必要なマナーです。電話を受け取った際、また電話をかけた際には、まず自分の名前、応募者であること、折り返しの電話であることを伝えるなど、必要な情報を先に出さないといけません。

自分が採用側だった場合でも、こちらから何から何まで聞いてあげないと答えてくれないような応募者の印象は良いはずがありません。

また、のアルバイト先であった場合、応募者が複数います。なので、採用担当者も誰に、何時にかけた電話で、どのような内容であったか?、などを資料なしの電話口で判断することは難しい場合もあります。

好印象を与える

電話は面接ではありません。しかし、採用担当者が応募者の第一印象を作る大事な場面であることはまちがいありません。電話越しに会話では、直接会って表情を見て話さないので声のトーンや、話し方がハキハキしているか?、落ち着いて会話できる人か?、などで印象が決まります。

電話越しに印象が悪ければ、応募者の第一印象が悪くなり、面接で直接あったときには底評価から印象を盛り返すという必要が出てしまいます。

電話する前に準備するもの

アルバイト先からの折り返しを取り逃がすと、今度はこちらから折り返しをしないといけなくなります。アルバイト先から連絡があるということは、面接の日や、履歴書などの面接の際に必要な物を伝えられることは十分に予測できます。

なので、あらかじめスケジュール確認できるものや、メモが取れる物を手元に用意しておかないといけません。できれば、都合の良い日や、時間などをあらかじめチェックしておきましょう。

スムーズなやりとりができれば、アルバイト先へも、常識やマナーがある人、配慮がある人として好印象を与えることができます。

夜に折り返すときの注意

閉店間際や締め作業が始まると考えられる閉店30分前はかなり忙しい時間です。特に金曜日の夜は一番混みます。また、飲食店の場合では会社帰りの方や、学校帰りの方で最も利用される方が多い時間帯は18時〜19時です。

アパレル店だと夕飯前の18時頃が最も混みます。この時間に電話をかけてしまうと、アルバイト先に迷惑になってしまう可能性があります。飲食店の時間は少しお店が落ち着いている20時〜21時、アパレル店だと夕食の時間の19時〜20頃がです。

お店によって忙しい時間帯は変わるので、事前に把握しておくようにしましょう。

電話でアピール

電話は面接ではありませんが、アピールしてくことは採用の確率をあげるために必要です。アピールの仕方は仕事内容で変わります。

居酒屋などの場合は、お客様も宴会利用はもちろんのこと、ドリンクオーダーの際やお客様をお迎えするとき、かなりの声量が必要です。そのため、応募電話を掛けるときは、電話が割れない程度に大きな声ではきはきと明るく伝えましょう。

また、居酒屋のアルバイトは宴会が多い金曜、土曜のシフトに入ってくれる人を歓迎しているところが多いので、条件にあてはまる場合は応募する際にアピールしましょう。

バイト応募の電話の仕方

Latests