Search

検索したいワードを入力してください

大学生にバイト|初めて/派遣/掛け持ち/夏休み

初回公開日:2018年02月05日

更新日:2020年08月28日

記載されている内容は2018年02月05日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

大学生といえば自由の時間がありバイトを始めるという人が多いでしょう。どんなバイトを始めようかいろいろと目移りしてしまうこともあるのではないでしょうか。本記事は大学生にバイト、夏休み春休みになバイト、日雇いバイトなど紹介していきます。

大学生にバイトとは?

高校生の時や学校の規則で禁止されていたり、部活や受験勉強などでアルバイトができなかったという方、大学生になってまずやってみたいことといえばアルバイトではないでしょうか。本記事では大学生になアルバイトを紹介していきます。

初めてアルバイトをする場合は?

レジ打ち

大学生になって初めてのアルバイトにな仕事はレジ打ちです。初めてのアルバイトであればあれこれ業務があるものを選ぶよりも一つの行動を集中して行う仕事選ぶほうが良いでしょう。

レジ打ちであれば基本的にお会計をしていく部分の仕事なので基本的にどんなお客様であっても行うことは同じです。仕事の内容自体難しくないので、レジを操ること自体は回数をこなせば体が勝手に覚えていくでしょう。

レジ打ちのバイトは基本的にそのお店で交代制のシフトが採用されているので、自分が働ける時間を選びシフトの希望を出すことができます。大学生にとって授業や遊びのバランスを見て調整しやすいバイトでもあるでしょう。

家庭教師・塾講師

大学生が初めてアルバイトする仕事としてが高いのは家庭教師や塾講師です。大学生のバイトの中では、時給が良いことで知られています。勉強を教えるのが苦にならない人、子どもと接するのに慣れている人にです。

デメリットといえば生徒によって当たり外れがあるところになりますが、生徒の成績が上がり成果を上げることで時給がさらにアップするというメリットがあることもあります。将来教職につきたいという人にはやりがいのある経験になるでしょう。

大学生に派遣バイトとは?

ここでは大学生に派遣バイトについて紹介していきます。

派遣バイトとは?

派遣バイトとは普通のアルバイトとは異なるのでしょうか。この差についてよくわからないと感じている大学生の方もいるでしょう。

通常のアルバイトの場合は雇用主は実際に働くお店・企業です。お給料はそのお店・企業から支払われます。しかし派遣バイトとなると雇用主は実際に働くお店・企業ではなく、派遣会社になり、給料も派遣会社から支払われます。

一般的に、派遣バイトの方が時給は高いものが多いのでを集めています。ただ、どんな場所に派遣されるかは不透明な部分もあることもあり、毎回違う場所に派遣されることもあります。親しい人間関係などバイト環境に求める方は苦手とすることが多いでしょう。

大学生が派遣バイトで働くメリットとは?

大学生が派遣バイトで働くメリットは、自分でアルバイトを探す手間が省けるところでしょう。登録制の派遣であれば希望する職種や勤務条件を伝えておくことで、希望に沿ったバイトを紹介してもらうことができます。急に暇になってしまったときなど自分の好きなタイミングですぐに仕事に就くことも可能です。

そのほか通常のアルバイトであれば、試験期間など忙しい時期になって長期的に休むとなるとシフトの関係上周りに迷惑をかけてしまうことがあります。長期の休みに入るためそのアルバイトをやめなければいけないこともあるでしょう。

しかし派遣バイトは自分の働きたい時期だけ働くという行動がとりやすいです。試験のある時期は学業に専念する、長期休暇に入ったら派遣でがっつり稼ぐ、など自由がききやすいというメリットがあります。

大学生にはどんな派遣バイトがいいのか?

派遣バイトにはいろいろな種類があります。若さや体力を生かして単発で高自給なものに挑戦してみることをします。ちょっと大変そうな内容でも単発のお仕事なのでその日を我慢してこなしてしまえばOKです。

イベント系の補助スタッフはいかがでしょうか。スポーツイベントやコンサート会場などのイベント運営を手伝うお仕事です。単発・日払いで募集されることが多く、1日や半日程度拘束される仕事が基本です。その日にしっかりと働きがっつり稼ぎたいという人に良いでしょう。

そのほかティッシュ配りなど仕事内容が難しくないものもです。体力は必要になりますが給料はほかの単発バイトと比べてもやや高めな傾向にあります。室内の仕事がいいという方は工場の食品加工なども良いでしょう。ライン作業なので時給は低めに設定されていますが、仕事内容が簡単なことから大学生にアルバイトです。

掛け持ちするときの大学生にバイトとは?

大学生になるとお洒落をしたり何かとお金がかかる年頃にもなってきます。自由な時間も多いので一つのアルバイトだけではなくいくつか掛け持ちをしたいという部分もでてくるでしょう。

掛け持ちバイトをする場合はシフトがしっかりと組まれている仕事が良いでしょう。例えばコンビニ・ファミレス・居酒屋などです。居酒屋は基本的に夕方から夜にかけての営業になるので、昼間のバイトと掛け持ちしやすいでしょう。

塾講師・家庭教師のバイトも授業は1コマになるので掛け持ちバイトとして活用している学生は多いです。自分の担当する授業がない時にほかのバイトのシフトを入れるという形がとれるでしょう。

在宅ワークも掛け持ちバイトとしてです。基本的に在宅ワークはデータ入寮やライティング作業などパソコンが必要になりますが、最近ではスマートフォンもあるので隙間時間でお金を稼ぐという方法をとっている大学生も多いです。

長期休みのときの大学生にバイトとは?

大学生は前期と後期の間には夏休みと春休みという長期的な休みがあります。高校生の時は長くても1ヶ月ちょっとという長期的な休みですが、大学生の場合は2・3ヵ月の長い休みになるのでここでがっつりと働いておきたいという方も多いでしょう。

次は長期休みのときの大学生にバイトについて紹介していきます。このように長いお休みは学生のうちでしか取れない基調な時間です。これから長期的な休みを前にアルバイトを探すという方はぜひ参考にしてみてください。

春休み

大学の春休みは2月の初めか3月の終わりまでの約二ヵ月間あります。この期間にアルバイトをするならばスキー場や旅館など、いわゆるリゾートバイトといわれる住み込みのバイトがです。日常から離れた場所なのでちょっとした旅行気分も味わえますし思い出にもなるでしょう。

日雇い系のバイトを探す場合は引っ越しのバイトも高自給でです。進学、入社など4月からの新生活のためにこの時期は引っ越しシーズンになります。重い荷物を運んだりするのでかなりの肉体労働にはなりますが、春休みに急な予定が入ってお金が欲しいというときに一気に稼げるでしょう。

夏休み

大学生の夏休みは7月の終わりあたりから8月、9月の二ヵ月間くらいと春休み同様長期の休みになります。この長い夏休みに大学生のバイトといえば、海の家などリゾート地のバイトでしょう。実際に海の家ではバイトの大学生さんがたくさんやってきます。

仕事内容は海の家の食べ物の販売や接客が中心でしょう。飲食系というと通常のバイトではコミュニケーション能力や応用力が問われたりと難易度が高めなアルバイトですが、海の家であればメニューも少なく回転率が早いので難しくはないでしょう。

開放的な季節の夏はさまざまなフェスも開催されます。野外の音楽フェスなどスタッフバイトも大量に募集がかかるので、イベントスタッフに興味がある方は夏休みを利用してイベント運営に携わってみるのもです。同じような趣味の人も集まることもあり出会いの場としても良いでしょう。

大学生に日雇いのバイトとは?

Latests