Search

検索したいワードを入力してください

アルバイトの社会保険は義務なのか・加入条件・メリット

初回公開日:2018年02月14日

更新日:2020年08月28日

記載されている内容は2018年02月14日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アルバイトをする時、「社会保険ってどうなるんだろう」と思ったことはないでしょうか。今回は、身近なようで意外と知られていないアルバイトの社会保険について、紹介・解説していきます。これからアルバイトを始めようと考えている人も必見です。

アルバイトの社会保障って義務なの?

現代はさまざまな雇用形態が生まれて来て、派遣社員、契約社員、アルバイト、日雇い、パートタイマーと働き方もさまざまです。社会保険に加入するためには条件が必要ですが、アルバイトでもその条件を満たす事ができます。

社会保険はアルバイトでも一日8時間働いていれば、加入が可能です。職場によってはアルバイトとして入社してから試用期間の3ヶ月を超えてから社会保険に加入させる企業もあります。

アルバイトでも社会保険に加入しておき、それなりの実績を残す事ができれば社会保険に加入できて、正社員への道も拓きやすいでしょう。

社会保険に強制的に入る場合

社会保険とは雇用保険、労災保険、厚生年金、健康保険の事を指します。アルバイトでこのすべてが加入できる条件を満たすのはまず勤務時間を満たす必要があります。一日8時間の勤務時間を満たして、会社の基準を満たせば社会保険に加入できます。

一日8時間の勤務時間ならばアルバイトでも社会保険に加入する事が多くなります。強制的というよりも入っておけば後々本人のためになる制度ばかりなので加入しておくと良いでしょう。

国の決まりも考慮して社会保険に加入する事になるので、半強制的に社会保険に加入する事になります。今、年金の保険料を納める人が減って来ているので国としてはなるべく多くの人に保険料を納めて欲しいため、社会保険に加入してもらっています。

アルバイトの社会保険の加入の条件って何?

社会保険を完備している会社にアルバイトとして入社した場合で一日8時間の勤務時間を満たしていて、1ヶ月の労働期間が4分の3を超えて仕事をしている場合は社会保険に加入することになります。アルバイトの場合は労働時間で社会保険への加入が決まってきます。

労働時間を満たしていても、会社自体が納得しなければアルバイトで勤務時間を満たしていても社会保険には加入できません。会社の試用期間を超えて問題がなかった場合に加入を認める会社も出て来ています。

社会保険を完備している会社では加入する事はアルバイトでも難しくはないでしょう。ましてや社会保険を納める人が減れば、年金世代が苦しくなるので政府は社会保険の法整備を整えています。

社会保険は勤務時間で決まってくる

社会保険に加入する主な条件は、先ほども述べたとおり、勤務時間によります。同じアルバイトでも一日8時間働いてない場合で一日4時間の勤務ならば、雇用保険のみの加入となる場合もあるからです。厚生年金や健康保険は4時間勤務の人は加入できません。

アルバイトでも理由があって、勤務時間を少なくしている人もいるのでそれぞれの働き方やライフスタイルに合わせて社会保険の加入も変わって来ています。

一日6時間の勤務で社会保険への加入を政府が目指している報道などがなされているので、近いうちに6時間はもちろん4時間の勤務でも社会保険に加入する時代が来るでしょう。

アルバイトの社会保険の計算方法はどうするの?

フルタイムで仕事をしていることを条件にして計算していきます。

アルバイトのほとんどは時給制で給与が支払われています。基本的な賃金が少ない場合は社会保険を支払うのが難しくなります。

アルバイトで社会保険に加入している人はほとんどフルタイムで仕事をしている人ばかりで、会社が社会保険への加入を率先している場合は社会保険に加入するチャンスがあります。

主な社会保険の計算方法などは決まっていて、派遣社員でも正社員でも計算方法はさほど変わりません。元々もらっている給与の金額が多いのか少ないのかしか変わりません。

金額の出し方など

健康保険は毎月の給与×(健康保険保険料率プラス介護保険料率)÷2となり、厚生年金は毎月の給与×17.828÷2となります。この計算方法で社会保険を計算してもよいですが、最近は社会保険を計算するソフトなども発売されているので、会計ソフトを利用したほうが分かりやすいです。

アルバイトでも正社員でも派遣社員でも健康保険や厚生年金の計算方法は一緒です。アルバイトでも社会保険に加入できれば加入しておきましょう。失業の際や年齢を重ねてから、社会保険を支払って加入していた事で救われることも出てきます。ぜひ加入しておきましょう。

アルバイトは基本的には社会保険には加入はしないことになっています。勤務時間を満たしていたり、会社が率先して社会保険を謳っている会社ならば加入は免れないでしょう。

アルバイトが社会保険に入れない主な理由とは

アルバイトが社会保険に入れないことも多々あります。勤務時間を満たしていない場合や、試用期間を超えても会社が長くアルバイトの人を雇う意思がない場合などは、社会保険に加入できません。

アルバイトが社会保険に加入できない主な理由はほとんど勤務時間です。勤務時間を満たしてなければ、社会保険に加入できません。今、社会全体の流れが社会保険への加入を目指しているので勤務時間に関係なく社会保険に加入することができる時代になってくるでしょう。

社会保険に加入できなければ、アルバイトの人が高齢者となった場合、困るのは本人だけではないです。困った人達を支える人にも負担がかかることになるので、社会保険の加入が広い範囲で求められています。

入れない場合が多い

社会保険に加入させないために勤務時間を少なくしたり、勤務日数を減らす事をしている会社での社会保険の加入は難しいでしょう。アルバイトの場合、時給で働いて学生や主婦が多い事もあるので社会保険の加入を義務づけることはなかなかできなくなっています。

社会保険に加入する事に社会が進んでいてもなかなか事業主にはその思いが届かないこともあります。アルバイトは自由に働きたい人が集まってくるので、なかなか企業の思惑とおりにはいかないこともあります。

アルバイトの社会保障のメリットとデメリットは

アルバイトが社会保険に入る事のメリットは失業の際や次の仕事を見つける際、また歳をとった時に社会保険のメリットが如実に現れるでしょう。さまざまな事が保障されるので本人にとっては損になる事はないです。

デメリットとしては時給で支払われる給与で毎月の社会保険を支払っていく事です。正社員の人でも社会保険を払っていくのが難しくなっているので、アルバイトの人が時給の給与で社会保険を払っていく事は厳しい状況になっています。

アルバイトで社会保険を払う場合は正社員や契約社員といった雇用形態で働く事を前提に仕事をする場合もあるので、諦めないで仕事をしていればアルバイトよりもよい待遇で働く事ができます。

アルバイトの有給の消化でメリットがどうかを考える

アルバイトでも有給はもらえます。半年に一度有給が発生するのでなるべく有給を消化しないと有給を使う事なく、失くしてしまいます。有給を消化しやすい職場ならばアルバイトの有給はメリットでしょう。

アルバイトでも有給を支給しない企業もあるので、有給が発生した場合はアルバイトならば、責任ある仕事をしていないこともあり、有給をとりやすくメリットになることもあります。

Latests