Search

検索したいワードを入力してください

ニートにアルバイト・受かるのか・怖い場合の対処法

初回公開日:2018年02月08日

更新日:2020年08月28日

記載されている内容は2018年02月08日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

ニートを長期間続けていると、外で働くのが億劫になってしまい、次第に恐怖すら感じるようになると言われています。今回はそんな、ニートにアルバイト、そもそもニートはアルバイトに受かるのかどうか、アルバイトが怖い時の対処法などをご紹介します。

ニートとは

日本では「15〜34歳までの通学、家事、職業訓練を行っていない者」を「ニート」と呼ぶのですが、無職者、求職者、引きこもりなどのその他の「働いてない者」も混同されており、その定義は曖昧です。2015年の調査では、日本のニートの割合は170万人以上いるという結果が出ています。また、その中の32万人ほどが引きこもり状態にあり、ニート問題は深刻化しています。

ニートが働かなくなってしまったきっかけは、元々の性格も大きく影響しますが、「小さな負荷」の積み重ねが原因であることが多いと言われています。本人に働く意思はあっても、心理的な理由から身体が動かないことなどもあり、ニート歴が長くなるほど恐怖が大きくなってしまい、働くことから逃げるようになります。

ニートのバイトの選び方

ニートにアルバイト・受かるのか・怖い場合の対処法
※画像はイメージです

ニートが「このバイトは肉体労働だからキツそう」「あのバイトは接客があるのがちょっと嫌だな」と、働きたくない理由を口にすると、周囲の人はそれを甘えだと言いますが、そうやってニートの気持ちを否定してしまうことによって、「働きたい」という意欲を削ぐ結果になってしまいます。

ニートが社会復帰を目指すとき、もっとも重要なのは「継続」です。仕事を続けることによって不安を取り除くことができ、やがてそれは自信にも繋がります。ニートがアルバイトを選ぶとき、やりたくないことを避けることは、社会に復帰するためにはとても重要なポイントです。少しでも「やってみたい」「これなら続きそう」と感じるアルバイトを選ぶ方がいいでしょう。

ニートに!今すぐ始められるアルバイト

働きたいという気持ちが出てきたなら、少しでもいいので前に進んでみることをします。いきなり正社員として就職し、生活費を稼いで自立しようとしてもなかなか上手くいきません。

ただ、「少しでも現状を変えたい」「前に進もう」と思えたことは素晴らしい変化だと言えます。まずは今すぐ始められるアルバイトで、収入0円からの脱出を目指してみてもいいでしょう。

在宅ワーク

ニートにアルバイト・受かるのか・怖い場合の対処法
※画像はイメージです

インターネットの普及に伴い、誰でもパソコンを使って簡単に在宅ワークを始められる時代になりました。参入ハードルが下がった分、単価はそれほど高くはないですが、収入0円からは簡単に脱出できます。単純データ入力作業、ブログの記事制作など、とくにパソコンの知識がなくても始められるものが多数存在しています。

「働く」ということから遠ざかっているニートの人たちは、どうしても自信を無くしてしまいがちです。まずはその自信を取り戻すためにも、「自分で生産してお金を儲ける」という感覚を味わうこと、取り戻すことが前に進むための大切な作業の一つだと言えます。

単発バイト

単発のアルバイトも、ニートが今すぐにでも始められる仕事です。1日だけ、1週間だけと長さもさまざまで、職種も多岐にわたります。いきなり長期労働に挑むには、度胸と勇気が必要です。中途半端な気持ちで始めても続かない可能性もありますので、まずは、期間の短い単発のアルバイトをやってみましょう。

単発アルバイトは、人間関係の構築もする必要がなく、人見知りの人にもです。

派遣会社への登録が必要になる場合もありますので、必要なら登録しましょう。派遣会社の中には、会社に出向かなくても、ネットのみで登録完結できるような会社もありますので、登録してもおいても損はないでしょう。あなたにアルバイト情報が定期的に紹介されるようになりますので、そこから興味のある単発アルバイトを探してみるのもいいでしょう。

自分を変えたいニートにアルバイト

ニートにアルバイト・受かるのか・怖い場合の対処法
※画像はイメージです

よく「ご両親が亡くなったらどうするんだ」と怒られているニートを見かけますが、ほとんどのニートは実家に住んでいて、両親の脛をかじり続けていると言われています。両親も、自分の子供ですので無下に放り出すこともできず、仕方なく世話を続けている家庭が多いのが現状です。

住み込みアルバイト

働かずに実家に長期間居座り続けると、日に日に両親の小言の数も増え、ニート本人も、実家に居続けることに苦痛を感じるようになります。「両親の圧力に耐えきれない」「どうにか自分を変えたい」と考えているのなら、住み込みのアルバイトを探すという手もあります。急な方向転換にはなりますが、状況を一変したほうが上手くいくこともあります。

実家にいる状態では、どうしても怠けや甘えが出てしまいます。住み込みアルバイトは、住む場所も一気に見つかりますので、荒療治ではありますが、家にいても何もできないことが自分でもわかっているなら、そこから飛び出してみることが脱ニートへの近道になることもあるでしょう。

リゾートバイト

ニートにアルバイト・受かるのか・怖い場合の対処法
※画像はイメージです

リゾート地に行って働く、「リゾートバイト」というものが近年注目を集めています。住み込みアルバイトと同じような感じですが、住む場所の他にも交通費、食費、光熱費なども雇い主が全て負担してくれますので、現在手元に1円もお金がなくても始めることが可能です。季節限定から長期のものまで、期間もさまざまなものがありますので、自分に合ったものを探してみましょう。

実家の近辺でアルバイトをしてしまうと、自分のことをニートだと知っている人たちに遭遇する可能性は非常に高いです。「自分はどう思われているのだろう」などと、アルバイトには一切関係ないことまで考えてしまいがちですが、リゾートバイトなら、自分を知っている人が一人もいない状況です。

新たな土地で新たな出会いもあり、自分を変えるにはとてもいい環境と言えるでしょう。リゾートバイトには元ニートも多く、仕事を続けやすい環境であることが窺えます。

ニートにアルバイト職種

世の中にはさまざまな職業がありますが、ニートにはどのような仕事が向いているのでしょう。ニートに向いていると言われる、始めやすい職種をご紹介していきます。

Latests