Search

検索したいワードを入力してください

職場に咳払いがうるさい人がいる場合の対処法/注意の仕方/対策

初回公開日:2017年07月23日

更新日:2020年05月25日

記載されている内容は2017年07月23日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

咳払いがうるさい人が職場にいると不快感を感じるだけでなく、不衛生だと気になる人も中にはいるでしょう。咳払いがうるさいとどうしても気になってしまい作業の妨げになる場合もあります。そんな時周囲はどのような対策をすべきなのでしょうか?

咳払いとは?咳とは違う?

咳と咳払いは同じような意味を指しますが、意識的であるか、そうでないかによって使い分けられています。一般的に『咳』というと風邪やウイルスに喉が刺激されることにより、体の反応として意識せずに出てしまう生理現象を総称して『咳』と言われます。

一方『咳払い』となると喉の異物感を取り除くため、もしくは人の気をひくためなど意識的に行うことを指しています。必ずしも明確な決まりがあるわけではありませんが、意識的に行うとされる『咳払い』に対しては不快感を示す人が圧倒的に多いといえます。

咳払いに不快感を感じる人が多い

では、なぜ咳払いを不快に感じるのでしょうか。本人は緊張していたり悪気なく咳払いをしてしまっている場合もありますが、周囲にとっては咳払いがうるさいとしか感じられないのです。中には威圧的行為として咳払いをする人もいるため、到底良いイメージはわかないでしょう。何度も咳払いをされるとうるさいと思うだけでなく、不衛生だと感じる人もいます。

お店や音楽のかかっているような場所だとあまり気にならないですが、静かなオフィス内だと咳払いは余計に響いてしまい、周囲からはうるさいと思われがちです。集中している人の邪魔にもなりかねないため、咳払いには不快感を感じる人が多く、それが原因でトラブルへ発展することも少なくありません。

職場に咳払いがうるさい人がいる場合の対処法

職場に咳払いのうるさい人がいるとどうしても気になってしまいます。一度気になってしまうと咳払いをされるたびに耳についてしまい自分自身の集中力すら途切れてしまいます。そうすると普段よりストレスを感じやすくなるだけでなく、自分は悪くないのに一方的に追い詰められてしまうことでしょう。

相手が悪気なく咳払いをしているのかどうかも分からない中どう指摘していいものか悩みは尽きません。トラブルを避けるためにも咳払いをする人にはどのような対処法が効果的なのか紹介していきます。

のど飴をあげる

咳払いがうるさい人に直接『咳払いがうるさいです』と言うのはトラブルの元となるので避けなければなりません。そんな時に『のど飴プレゼント作戦』を決行することです。のど飴を舐めるぐらいだと大抵の職場は許されることも多く、気軽に渡すことができるのではないでしょうか。

『のど飴=のどの調子が悪い』という考えに結びつくため、のど飴をプレゼントする際『のどの調子がわるそうですが大丈夫ですか?よかったらどうそ』というように心配している素振りを見せながら一言添えましょう。

そうすることで角も立たず、察しのいい人はそこで『咳払いうるさかったのかな』と気づいてくれるでしょう。

しかし中には鈍感な人も存在し『心配してくれたんだな』程度にしか受け止めない場合もあります。そんな相手には一言添える内容を変えてみましょう。『咳払いのし過ぎは喉が余計悪くなる場合もあるのでのど飴を舐めて咳払を止めてくださいね』と言ってみたら良いでしょう。『咳払いを止めてくださいね』とはっきり言っているので『咳払いがうるさい』ということを鈍感な人でも気づくフレーズです。

このように直接的な言葉で言ったとしても、プレゼントもしていることで気を使ってくれたのだと感じる人が多いでしょう。むしろ心配されたことで怒るよりも喜んでくれるのではないでしょうか。きっと咳払いも気にしてくれるはずです。

飲み物を渡す

冷暖房が聞いている社内においては喉の調子を崩しやすい傾向にあります。咳払い、もしくは咳がひどい人には飲み物をプレゼントしてみるのも良いでしょう。『今日は喉の調子が悪そうなのでよかったら飲んでください。少しでも楽になるといいですね』と言って渡せば、薄々勘付き咳払いに気を付けてくれるでしょう。もし意識的に咳払いをしている人だとしても『咳払いがうるさい』ということを察してくれるはずです。

のど飴と同様、何かをプレゼントしながらさりげなく注意を託すことにより、ただ注意だけするよりもお互いに言いやすく聞き入れやすくなるものです。咳払いをやめさせたいからと言って『うるさい』ときつく言うのではなく、やはり相手を思いやった上で注意を促すことが効果的だと言えるでしょう。

マスクをプレゼントする

のど飴や飲み物をプレゼントしても咳払いがうるさいことに気づかない人もいます。そんな時には『マスクをプレゼントする』という方法です。マスクというのは風邪やウイルス対策に使われるものです。そんなマスクをプレゼントするということは『マスク=咳』と嫌でも連想させることができるでしょう。

もちろん嫌味を言うのではなく『咳がすごくつらそうですね、良かったらどうぞ』と一言添えましょう。『咳が凄くうるさいですね』ではなく『咳がすごくつらそう』と言い換えるだけで聞き手の心情も変わるでしょう。あくまでもトラブルにならない言い方を心がけることが大切です。

意識的にやっている咳なのか、それとも風邪なのか分からない場合は、このように体調を心配する形で渡すことがよりスムーズに相手を傷つけることなく注意を促すことができます。いくら腹が立っていても冷静に大人の対応を心がけましょう。

耳栓・音楽を聴く

咳払いがうるさい時に上記の方法を試しても効果が得られず、もしくは相手が上司だったり風邪をひいていたとしたら『咳払いがうるさい』とは言えません。そんな時は自分で回避する方法を考えてみましょう。まずは耳栓をしてみるのがおすすめです。耳栓をしていることで周囲の雑音も、咳払いもシャットアウトすることができるため、気が散ることなく業務に集中できるのではないでしょうか。

もし可能であれば音楽プレーヤーやイヤホンで音楽を聴くのも良いでしょう。自分の好きな曲を聴いていることで耳栓効果&リラックス効果に繋がります。ただし周囲の声が聞こえないということは業務に支障が出る可能性もあるので注意が必要です。あくまでも職場環境を考慮したうえで行うようにしましょう。

移動する

もし咳払いのうるさい人が風邪が原因なのであれば、我慢すればいつかはおさまります。問題なのは意識的にやっている場合です。そんな人は気づくまで辞めることがないでしょう。そして癖になっている事も考えられるので気づかせない限り辞めさせるのは難しいこともあります。上記の方法で効果をなさなかったときの手段として自分が席を移動するのも一つの方法です。

その人の近くにいないだけでだいぶ気持ちは楽にるはずです。相手の行動を変えようと努力することだけでなく、やむ得ない場合は自分が変わってみましょう。可能であれば他の場所に移動して仕事に取り組むことが一番はやい解決方法なのではないでしょうか。

咳払いがうるさい人への最終手段は上司へ相談すること

どんな方法を試しても改善されず、咳払いがうるさい、という呪縛に囚われ自分がどうにかなってしまいそうな時は迷わず上司へ相談してみましょう。咳払いがうるさい相手に直接文句を言ってしまうと、思わぬトラブルへと発展しかねません。トラブルを避けるためにも上司の存在は必要です。職場において咳払いがうるさいというのは他の社員が精神的に追い詰められ仕事効率の低下も招きかねません。上司に相談することで何かしら対策を講じるはずです。

仕事をしに会社へ出社しているのに、仕事効率が下がってしまっては会社側としても大問題です。あまりにも咳がひどい人は『治るまで休ませる』ということも上司であれば可能です。もちろん上司が直接的に注意をすることもできるでしょう。他の誰でもない上司が対処することで角が立たず丸く収めることができます。職場環境を整えることも上司の仕事です。案外簡単に解決するのではないでしょうか。

注意の仕方

Latests