Search

検索したいワードを入力してください

転職時の一般常識とは・一般常識のテスト内容と問題例・対策

初回公開日:2017年08月08日

更新日:2020年10月02日

記載されている内容は2017年08月08日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

転職希望者に対して「一般常識試験」を実施する企業が多くあります。そんな一般常識試験に関しての様々な情報(試験の種類、対策方法、会社側の意図など)を細かく、詳しく説明してあります。そして軽く考えがちな人に重要性や意義を説明してあります。

転職の際にもとめられる一般常識とは

転職時の一般常識とは・一般常識のテスト内容と問題例・対策
※画像はイメージです

転職の際に、どういった事が会社から求められるのでしょうか?前職においての実績や、その仕事に関しての専門知識や技量であると考える人がほとんである事でしょう。しかし「一般常識」というのも転職する時に必要とされるものです。転職をする時、求められる一般常識についての解説と説明をしていきます。

転職での一般常識テストの内容と問題例

企業で実施されている一般常識テスト

それでは早速、転職する時に会社が求める一般常識についてから見ていきましょう。まず、転職する時に最も重要視されるのは前述した通り、前職における実績であったり、自己PRの上手さなどです。しかし、本当にその人に仕事を任せても大丈夫なのかどうかを判断する材料の一つとして、転職者の一般常識も求められるものです。

また、そういった「一般常識」が「転職」を考えている人にしっかりと備わっているかを調査するために、各企業では「転職者」に対して「一般常識テスト」を課すというケースも多いです。実際、ある雑誌編集部による調査の結果として、転職希望者に対して一般常識テストを実施している企業数は大手企業に関しては約80%、中小企業に関しては約35%という結果が出ています。転職者の面接に前後して、この一般常識テストが実施されて、一般常識テストの結果を転職者採用に際しどこまで重要視するかどうかは各企業によっても大きな差があるところですが、最低、合格ラインを超えていなければ、面接をいくら上手にこなしたからと言っても採用はおぼつかないものとなっていしまいかねません。

4種類の一般常識テスト

ここまでは転職する時に求められる一般常識が転職希望者の身にしっかり、身についたものかどうかを会社側が調べるために行なう一般常識テストについて話してきましたが、今度はその一般常識テストの酒類について説明していきたいと思います。最初に結論を言えば、転職時に実施される一般常識テストには大きく分類して4種類存在しています。

一つ目としては転職を希望する人の仕事への適正を調べるもので、これでは、性格・心理の面から職業適性を判断するのと、二つ目は、その人の知的能力や職業に対する興味の度合いから適正を判断するものとがあります。前者を代表するものが「クレペリン検査」です。テストの内容としては、一桁の数字が一行に30個位並んでいて、ひたすらにそれぞれの数字の合計の下一桁を書き込むものです。

後者は、コンピューターのソフトウエア会社においてプログラマーとしての適正を調べるために実施されている「プログラマー適正テスト」が良く知られていますが、その中には「総合検査SPI(Synthetic Personality Inventory)」のように、性格適正と能力適正のチェックを同時に行なえるテストもあり、多くの企業において採用されています。

三つ目に紹介するのは、いわゆる一般的な「一般常識テストです。仕事に関して相当な経験があったとしても、常識的な基礎学力が不足していたのではビジネスを行なう者としては失格というわけで、最低限要求されてくる常識が有るのかどうかを判断するのがその目的となっています。

四番目は作文、小論文です。文章・表現・漢字力などの総合的力量を測るために実施されるものですが、文章の進行から論理性を測ったり、物事を捉える能力、熱意などを測られることもあります。

文系の問題例

それでは転職希望者に対して一般常識を調べる一般常識テストで実際に出題された問題を紹介します。前述した一般常識テストの中の「SPI」において実際に出題された問題例を参考に紹介していきます。

「経済」
好況時と不況時の財政の機能について述べた文としてただしいものを、次から一つ選べ。
(1)好況期には累進課税により税収が減る一方、社会保障費が増えるので有効需要が抑制される。
(2)好況期には累進課税によって税収が増える一方、社会保障費も増えるので有効需要が抑制される。
(3)不況期には累進課税により税収が減る一方、社会保障費が増えるので有効需要が増大する。
(4)不況期には累進課税により税収が減る一方、社会保障費も減るので有効需要が増大する。

理系の問題例

る商品に仕入れの3割の利益を見込んで5200円の定価をつけたが、売れなかったので、2割引きで売った。このときの利益はいくらか。A~Dのなかから選べ。
A 120円
B 140円
C 160円
D 180円

出典: https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/... | ある商品に仕入れの3割の利益を見込んで5200円の定価をつけた... - Yahoo!知恵袋

企業によって出題される問題の傾向が異なりますが、いずれの問題に関しても中学から高校レベルの問題が出題されるケースが多いようです。

一般常識テスト対策

転職時の一般常識とは・一般常識のテスト内容と問題例・対策
※画像はイメージです

転職時の一般常識テスト対策としては、いわゆる「対策本」がいくつか出版されています。
そのような書籍の中から評判の良いものを選び、過去問題などで地道に勉強するのが最善の転職時の一般常識テストへの対策と言えるものです。効率を追い求めることも勿論大切ではありますが、時間を作って一問でも多くの一般常識問題をこなしていくことが重要となるのです。

役立つ本

転職時の一般常識とは・一般常識のテスト内容と問題例・対策
※画像はイメージです

それでは一般常識テストに対応している本を紹介していきます。

1:2017年度版「ユーキャンのSPI3問題集」
こちらのテキストの内容は「頻出パターン例題」から「実践テスト」へのステップアップしていく方式になっていて、SPIには必須と言える「解法パターン」と「解答力」をしっかりと見につけられる仕組みになっています。設問のレベルや解答制限時間などもちゃんと表記されているので、より実践的にテスト対応ができるように作られてあります。

2:「就職活動の神様の一般常識速習テキスト」
このテキストでは一般常識テストにおいてよく出題される重要なポイントを重点的にまとめてある「要点整理集」として作られています。また、問題文だけではなくイラストも交えての解説となっているので、見やすくてわかりやすい構成となっています。より効率的で、かつ短時間で一般常識テストへの対策を考えている人にとっては一般常識テストへの対策本となっています。

3:「史上最強の転職者用SPIよくでる問題集」
長年の受験指導の経験を生かして効率の良い学習パターンを本書では展開しています。重点的にチェックしておきたい「頻出問題」や、頻出問題の復習、発展となる「練習問題」、図表を使用してわかりやすい「解答・解説」から構成されています。

転職するためには一般常識テストへの対策が必要

転職時の一般常識とは・一般常識のテスト内容と問題例・対策
※画像はイメージです

会社が一般常識テストを実施する理由

転職希望者を採用する会社側はどのような観点から仕事への向き・不向きをはんだんするものなのでしょうか。まず仕事に対しての向き・不向きを一般的に「職業適性」と言いますが、職業適性には三つに要素があると言われます。

1:その人の性格や資質が仕事の特性と適合するかどうか。
2:知的能力レベルから仕事に適応できるかどうか。
3:その人の興味や関心が仕事に適合しているかどうか。

仕事にはそれぞれ特性があります。たとえ希望する仕事であっても、その仕事の特性に適合していなければ、会社としてその人を採用するメリットは最小限のものになってしまいます。

きちんと対策をして試験に臨むことが大切

Latests