Search

検索したいワードを入力してください

転職時の卒業証明書が必要な場合・成績証明書との違い

初回公開日:2017年08月03日

更新日:2020年10月02日

記載されている内容は2017年08月03日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

転職する際に「卒業証明書」、「成績証明書」のどちらか、もしくは両方の書類の提出を求められる場合があります。それぞれの書類が持つ意味合い、違い、採用する会社が知りたがっていることなどを詳しく説明しています。転職する人が理解しておくべき事なども記事にしました。

転職の際に卒業証明書が必要な場合

転職時の卒業証明書が必要な場合・成績証明書との違い
※画像はイメージです

転職する時、とりわけ20代の人は、卒業証明書の提出を会社から求められる場合があります。会社としては、履歴書と同じ学校をきちんと卒業しているかどうかを確認したいためだと考えられます。他にも様々な理由から卒業証明書の提出をするように言ってきます。

会社側は卒業証明書を確認して初めて「この人は履歴書に記載されている学校を卒業している。」と考えるのです。ちゃんとした会社であれば、当然行われていることです。転職する方としては「何で今更卒業証明書を提出しなければいけないのか。」と、疑問に思ってしまうところです。

出典: https://mayonez.jp/topic/6501 | 転職の際に卒業証明書が必要な場合|成績証明書の違いは何?-Mayonez

この証明書提出によって、会社はあなたの学歴をしっかり認めることになります。また、人事の観点からしても、今後はその学歴をベースとした様々なキャリアプランを考えることになるのです。

卒業証明書は何故必要なのか

卒業証明書が必要となる理由としては、その学校で学んでいるはずの内容が身に付いていない場合、入社した後に問題が発生する可能性があるからです。お互いにとって、就職活動を良いものとするためにも卒業証明書の提出は大事なことです。他の理由としては、給料の決定にも学歴は関係してくる為、お金の計算という重要な事柄に影響も出てきます。

もしも学歴の最終確認をしないで仕事を開始してしまったら、後から能力の不足が判明します。そういった事態となってしまった場合は、会社として大きな損害を被ってしまいます。一人の人間を採用するためにはかなりのお金が必要となってしまうのが現状です。ですから、会社と転職者、お互いのためにも入社する時の卒業証明書の確認作業が必要とされるのです。

卒業証明書と成績証明書の違いと必要になる場合

転職時の卒業証明書が必要な場合・成績証明書との違い
※画像はイメージです

卒業証明書

卒業証明書には、その学校をいつ卒業したかの年月日のみが記載されています。卒業証書とは別の物です。まだ現役の学生でこれから卒業を迎える予定なら、卒業前日までは「卒業見込み証明書」、卒業の日以降は「卒業証明書」を発行してもらえます。

卒業証明書は卒業式の日に全員に1部ずつ配布する学校も多いようです。卒業証明書が必要な場合としては、前述したように履歴書に記載されている学校を実際卒業しているのか、会社側が転職や新卒採用の際に確認するためです。

転職における卒業証明書の効果

転職者を迎え入れる際、会社は卒業証明書に基づいて転職してくる人の給料を決定します。言い換えて見るならば、全ての転職時、提出書類の中でも何より重要な書類と言っても過言ではありません。また、転職する際に提出してから会社を退職するまで保管されるもので、その意味でも極めて重要な書類であると言えます。

定期的に行なわれる人事担当者との面談の際にも、あなたのキャリアに関しても卒業証明書に記された学歴に基づいて話し合いが行なわれます。

出典: https://mayonez.jp/topic/6501 | 転職の際に卒業証明書が必要な場合|成績証明書の違いは何?-Mayonez

転職時に提出したら、再度提出することはできません。それだけ慎重に扱う必要があるのが卒業証明書なのです。

転職時の卒業証明書提出の実際の意味合いとは

転職時に採用側が最も知りたいのは、転職者がどのような学校でどのような勉強をして、社会人になってから何をどのように経験したかを具体的に知りたがります。転職なのだから、学校の事なんか関係ないだろうと考えがちになるものですが、採用する会社としては、転職者の人生が今まではどのようなものであって、入社した後にどのような仕事をしいくのかをイメージする必要があるのです。

そういった意味では卒業証明書とは転職者、その人を表わす一つのファクターであるとも言えます。別の表現をするならば、転職する際に提出する卒業証明書とは、自分と言う人間を表現している名刺のような存在であるのです。

また、入学する場合の難易度よりも、どんな学部で、どのような勉強をしてきたのかを知っておきたいと考える企業も多いです。その勉強の内容について詳しく知りたい場合に、成績証明書の提出も求められるのだと理解しておく必要があります。

成績証明書

成績証明書には学校における各教科の成績・習得単位数などが記されています。転職する場合などに成績証明書の提出を求められる理由としては、転職希望者の学校における学習内容や成績などを会社側として知りたい場合などです。

卒業証明書と成績証明書、両方の提出を求める場合

もし、転職する会社がしっかりとした会社であるのならば、卒業証明書と成績証明書の二つの書類で、その学校をどのような成績で卒業したのかを判断します。その判断材料であるのと同時に、会社は成績証明書と卒業証明書の両方の書類を転職者に対して採用の可否を決定する場合の判断材料としても使用します。

転職者の立場からしてみればよく分からない理由かもわかりません。採用する立場の会社側からしてみると、これはある意味保険のような意味合いを持つものです。もし、この人を採用した場合に、入社後に卒業証明書、成績証明書に記載されてある通りの知識や経験を活用して仕事をしてもらえるものだと会社側は考えます。

転職する際に卒業証明書、成績証明書の2種類の書類提出を求められた場合には、面倒くさいなどとは考えずに「しっかりした会社なんだな」と理解するべきです。

卒業証明書に記載される最終学歴と卒業証明書

転職時の卒業証明書が必要な場合・成績証明書との違い
※画像はイメージです

大学院に進学した場合

卒業証明書には卒業者名、卒業年月日、卒業した学科などが記載されています。非常に重要とされる文書なので、転職時に証明書が必要な場合は原本提出が基本です。また、大学院に進学した場合は大学を卒業した卒業証明書と大学院を卒業した時の卒業証明書を別々に発行してもらうことも可能です。「最終学歴の卒業証明書が必要です。」と採用担当者から言われた場合には、大学と大学院、両方のものが必要かどうかを必ず確認した方が良いでしょう。

Latests