Search

検索したいワードを入力してください

【男女別】転職時の髪色マナー・トーンはいくつまで?自由の場合

初回公開日:2017年10月18日

更新日:2020年10月02日

記載されている内容は2017年10月18日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

転職をする時の髪色について悩んでいませんか。「髪色は今のままで大丈夫なのかが心配」「転職先で浮いてしまわない程度の髪色の明るさはどのくらい?」など、ここではこういった疑問と併せて転職先での「大人としての装いや振る舞い」についても、あなたと一緒に考えていきます。

転職する際の髪色のマナー|男性・女性別の理想の髪色は?

転職時に向く髪色、男性・女性での違いは?

男性も女性も、おしゃれを楽しむ時代です。ヘアカラーの質や種類も昔と比べて改良が進む昨今、女性のみならず男性の方も自分の好みの髪色に変化をつけて楽しむ方が多くいらっしゃいます。素敵な髪色にしている人を見るとつい立ち止まって見とれてしまいます。

しかしながら、世の中のおしゃれの仕方が自由になってきたとはいえ、転職する場合少し話が違ってきます。社会人としての身だしなみに男女の違いはありません。

面接を受けたり、採用後に出勤したりするときの「髪色」も、その職場の雰囲気やルールに自分を合わせていくことが大切です。

髪色でせっかくのスキルも台無しに?

転職までに築いてきたスキルは貴重なものです

転職される前の職場で、あなたはご自身のスキルを磨いて来られました。働きながらも必要と感じた検定試験などの勉強をして、複数の資格をお持ちの方もいらっしゃいます。

一方、目に見えるものではありませんが、いつも変わらない笑顔で職場を明るくしていた、優しい気持ちで人と接することができた、目立たない仕事でも率先してやった、責任感をもって仕事に取組み成果を上げてきたなどの特質も、その人にとって貴重なスキルと言えます。

あなたにしかないスキルと呼ばれるものは、必ず存在します。あなたが思っておられる以上に多くの経験を積み上げられて来ている可能性はないとは言えないからです。

髪色だけで判断してほしくない

こんな風に思われることもあるでしょう。「これまでこのスタイルで仕事をやってきて問題は無かったのだから、これからも自分のスタイルを大切にしていきたい」「見た目だけで人を判断することはやめてほしい」そのとおりです。

自分自身の考えをしっかりと持つことは、どんな仕事をする場合にも大切な要素です。本当は違うのに見た目や偏見のために嫌な思いをしたことのある経験をお持ちの方もいらっしゃるでしょう。しかし残念ながら、今の日本ではどうしても、一般的には転職時の髪色は「暗め」の方が印象として良いです。

逆の発想で考えてみましょう。「これまでの実績を髪色だけで無駄にする」ことの無いように自分の気の持ち方を少しだけ変えてみることが、転職を成功に導く1つの方法として捉えてみるのはどうでしょうか。しなやかに、柔軟性を身に着けてみましょう。

「髪色を変えない」ことで、これまで築いてきた貴重なスキルを偏見でみられるのは悔しいです。

髪色にルールのない職場なら明度も気にしなくていいの?

アパレル業界や美容業界など流行に敏感な職場や、仕事中は帽子やヘルメットをかぶることもある職場など、従業員の髪色にそこまでルールを設けていないように見える業種もあります。では、新たに転職する場合でも、そこで働いておられる方々のように自由な髪色で訪れても問題は無いのでしょうか。

採用をする側の声を聞いてみよう

幾つもの店舗が立ち並ぶ、とあるショッピングセンターにジーンズなどカジュアルな洋服を取り揃えたお店を構えていたことのある社長は「新採(新規採用)だろうと、中途(中途採用)であろうと最初に面接に来た時に、社会人として常識的な格好をしていない者にはその場で注意して出直してもらう」とおっしゃいます。

この社長は、ショッピングセンターが開店する前から他の店舗の従業員にも「化粧は、最低限のルールとして徹底するように」とアドバイスなさいました。厳しすぎる意見だと思われたでしょうか。

一方では、「複数人の選考の内、持っているスキルが髪色以外ほとんど同レベルの場合、どちらかを採用するとすればどちらを選ぶか」というケースになった時には「余程の金髪でなければ、髪色よりもその人物の挨拶がハキハキとしているか、また目に力があるか、態度はどうかを基準にする」とおっしゃる課長職の方もおられます。

この二つの例から言って、採用する側の考え方や価値観も採否の決定に大きな影響があることが分かります。

転職を考えるあなたは社会人経験者

当然のようですがあなたは、ご自身が転職の活動を考える以前は「元の職場」に勤務をしておられました。

「新採で入社して今回の転職を検討するのは初めて」または、「転職を検討するのは数回目」という方もいらっしゃいます。では、人生で一番初めに面接を受けた時の気持ちを思い出してみましょう。

中には、ずっと明るい髪色のスタイルだった方もおられるかと思いますが、大半は髪色はもちろん、色のみならず前髪の長さや、ヘアスタイルも清潔感を心掛けてきた方なのではないでしょうか。

ハキハキとした挨拶や、しっかりとした目線、態度などにも意識を向けておられたに違いありません。

今の立場とTPO

転職先の職場内が自由な風潮に見えたとしても、転職を考えている今のあなたは、まだ転職先の人間ではありません。髪色を自由に楽しむのは採用された後に先輩に相談することにして、この段階では「面接」や「初出勤」といったTPOにフォーカスを当てることが先決と言えます。

前述したジーンズを販売されるアパレルの社長が言われた「社会人の常識」の中には髪色も、もちろん含まれています。普段はヘルメットを被って仕事をすることの多い建設会社の面接時に、「常識を超えた金髪」で登場した人が残念ながら落とされてしまった例もあります。

転職する大人に似合う装いは?

社会人経験のある大人が、転職をするときのふさわしい装いはどのようなものでしょうか。リクルートスーツに袖を通し、前髪は切りそろえ、髪色はとにかく黒で若かったころの自分と同じで良いと思われますか。

答えは、「ノー」です。リクルートスーツは卒業しましょう。男性の方なら、色は紺色やグレー、またはベージュの質の良さそうなジャケットスーツを、女性の方なら、裾の広がっていないシックなタイプであるならばワンピーススーツを選択するのも良いでしょう。

髪型も、目や耳にかかるほど伸びているのであれば清潔感の感じられる程度にカットしたり、前髪が長く、おろすと顔が良く見えないスタイルなら思い切って束ねてサイドや後ろ髪と一緒にまとめたりすると「仕事する時は、髪の毛には邪魔をさせません」という意気込みを転職先にアピールすることができます。

転職にふさわしい髪色の明るさはどのくらいまで?

では、本題の転職にふさわしい髪色については、どの程度のものが良いのでしょうか。この先は転職時のイメージアップに役に立つ大人の髪色について一緒に考えていきます。

髪色の明度を表す「トーン」

Latests