Search

検索したいワードを入力してください

就活したくない人の理由・対処法|面接/フリーター/公務員

初回公開日:2017年11月14日

更新日:2020年08月20日

記載されている内容は2017年11月14日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

みんな就活に対して不安なことも多いでしょう。しかし、就活に失敗したら人生が終了というわけではありません。あまり深刻に考える必要はまったくありません。前向きにかんがえましょう。どういう結果になっても努力を怠らなければ幸せになれます。

転勤したくない場合の就活の仕方

転職したくない場合はどういう就活の仕方をすればいいのでしょうか。都会で育った多くの人は転職したくないと思う人が多いです。そういう人たちは田舎のことを知らないのでしょう。

実際には田舎には都会にない自然や食べ物などがたくさんありますし、いまどきは飛行機や新幹線などですぐに都会に遊びに行ける時代です。昔と比べると不便さがなくなりました。しかし、それでも、どうしても転職したくない場合はどうしましょう。

一つは東京にしか会社がない企業に勤めることです。転勤する場合はほとんどが、地方の支社に飛ばされるのが多いでしょう。なので、地方に支社がない会社ならばその心配はありません。もしくは、本社にいられるだけのスキルを磨いておくことです。

男女別就活したくない人の理由

仕事したくないなど

就活をしたくないという人は仕事をしたくない、つまり働きたくない人がたくさんいます。いつまでも学生気分が抜けなかったりする人たちがこういう傾向にあります。こういう人たちは楽観主義すぎます。なにもしなくても大丈夫と思い込んでいます。ようは甘えん坊です。

結婚するつもり

これは、女性に多い理由ですが、社会人になったらすぐに結婚するから働きたくないというひともいます。こういう人は他人任せの他力本願な人が多いでしょう。もちろんすぐに結婚するのが悪いとこではありません。しかし、最初から人に頼りっきりではよくないでしょう。結婚するならば、それなりの花嫁修業のようなものをしなければなりませんし、結婚できない場合は大変なことになります。

就活で面接したくない場合の対処法

就活したくないと思う人の中で面接が苦手だという人は多いでしょう。そもそも面接が得意な人がそこまで多いわけではありません。なので、気にすることはありません。しかし、どうしても面接をさけたいと思う人のなかにはいます。そういう人はどうすればよいのでしょうか。

これは、できるだけ面接が少ない企業をうけるしかないでしょう。まったく面接がない会社は存在しないでしょう。というのも面接するというのはこれから一緒に働く人をみます。まったく顔もわからないような人と働きたいと思う人はいません。

もしくは、面接を得意にすることです。面接といっても結局は練習するかどうかです。練習すれば面接にもなれて克服できるでしょう。

就活したくないフリーターが増えている理由

就活したくないフリーターが増えている理由はなんなのでしょうか。そもそもフリーターが就活をする気があるのかどうかが問題ですが、就活をしなくても暮らしていける時代になってきているのも理由のひとつです。フリーターは自分の夢を追っていたり、やりたいことを探している場合もいいいでしょう。

昔ならば厳しいおやじに叱られてしぶしぶ働くというパターンも多かったでしょう。しかし、いまは子供に甘い親も増えているのでなかなかそれも進みません。また、バイトでも暮らしていけるほど最低賃金が下がっているのも確かです。そういう人はわざわざ就活してしばりの多い正社員になりたいとも思わないのでしょう。

営業したくない場合の就活の仕方

また、就活したくないと同時に営業職にどうしてもつきたくない人もたくさんいます。もちろん営業は大切な仕事ですが、多くの人は企画などの部署に行きたがります。では、そういう場合はどういうふうに就活をすればいいのでしょうか。

理系か文系か

営業したくない場合はどういうふうに就活をすればよいのでしょうか。これは、いま自分がどういう学生かによります。理系か文系かによって状況が変わるからです。理系ならば研究職や開発職に配属される可能性もあります。しかし、文系はどうでしょうか。文系の場合はほとんどの人が営業についたりします。なぜならば、文系は理系と違い大学でスキルを磨いてきたとは言い難いからです。

もちろん、文系の大学生にも真面目な人はたくさんいますが、どうしても座学がメインになります。その点、理系は実験なども多く、実技的にスキルを磨いているでしょう。なので、理系か文系か選べる立場の人はどうしても営業にいきたくないのならば理系に進むと営業をしなくてすむ可能性が高いです。

スキルを身に着ける

もしくは、営業にまわされないような特別なスキルを身につけることです。そもそもなぜ企業は新卒の新入社員を営業にまわすのでしょうか。それは、二つ理由があります。

一つはそもそも営業だからといって嫌う人がいますが、営業は格下の仕事ではありません。どんな職業でも営業がいなければ利益につながりません。だから、営業はある意味、一番大切な仕事でしょう。また、営業をするということは自分のところの商品をしっかり理解しなければうれません。なので、仕事や会社を理解するためにも営業は大切です。

もう一つは新卒はなにもスキルがないから営業しかやらせません。ということは、なにかしら得意なことがあればいいということです。そこで、どうしても営業をしたくない人は会計や簿記の知識などを身に着けて営業に回されないようにしましょう。

就活したくない人には公務員がな理由

就活したくない人の理由・対処法|面接/フリーター/公務員
※画像はイメージです

就活をしたくない人は公務員になるという選択肢もあります。公務員は普通の企業の就活と違い、試験がメインの場合が多いからです。公務員は安定しているので、特にやりたい仕事がない人は職業でしょう。

就活で黒染めしたくない場合の対処法

就活性の中には髪を染めている人もいます。黒髪染めをしたくないという人もたくさんいます。黒染めしたくない人はどうすればよいのでしょうか。

対処法としては髪を染めていてもいい職場で働こうとすることでしょう。最近ではベンチャー企業などを中心に私服でよく、髪を染めていてもよく、ピアスも大丈夫という人もいます。そういうところならば就活において黒染めをする必要もないでしょう。黒染めしたくないと思う人には選択肢でしょう。

また、一日だけ染めれる染料もたくさんあるので、そういうものを使うといいでしょう。しかし、就活は短期間で済むことがほとんどです。できれば、髪を染めなおすくらいの努力はしましょう。

就活では化粧したくない場合もしなければならないのか

就活したくない人の理由・対処法|面接/フリーター/公務員
※画像はイメージです

就活では化粧をしたくない場合でもしなければならないのでしょうか。結論から言うと化粧はしたほうがいいです。採用する側からみると初対面の学生を評価するとき第一印象は大きなウエイトを占めます。第一印象といえばやはり顔です。化粧をして顔が明るく、ハキハキした雰囲気を漂わせる学生とそうでない学生ならば企業は前者をとります。能力が同じならば見た目が少しでもいいほうをとるでしょう。

就活というのはこれから一緒に働く場所をきめるということです。同僚や後輩になって一緒に働くつもりの人ならばいっしょにいて楽しくなる人がいいでしょう。なので、最低限の化粧はしたほうがいいです。少なくても化粧水や乳液などで肌を清潔にしておきましょう。

Latests