Search

検索したいワードを入力してください

人の話を聞かない人の特徴と対処法9つ

初回公開日:2019年03月13日

更新日:2020年08月20日

記載されている内容は2019年03月13日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

人の話を聞かない人と仕事をする場合は、自分なりに対処法を考えていくようにします。話を聞かないからといって諦めずにどうしてそのようになっているのかを考えて接するようにします。人の話を聞かない人がいてもその人の良い面を見ながら信じて接しましょう。

人の話を聞かない人ってどんな人?

人の話を聞かない人の特徴と対処法9つ
※画像はイメージです

人の話を聞かない人とは自分に自信があったり、教えてもらう必要がないと考える場合が多いです。他人の助言を必要としないので、仕事や家庭で扱いにくい人と感じる人も多いでしょう。

人の話を聞かない人がいた場合は、自分の意見を聞いてもらうために対処法を考えていくようにします。

付き合う人ごとに対処法を考えていくようにする

人の話を聞かない人の特徴と対処法9つ
※画像はイメージです

人の話を聞かない人がいた場合には、場面や成し遂げたいことごとに対応策を考えるようにしましょう。人の話を聞かない人は、他人から意見を聞く必要がないと考えているので、まず話に興味を持ってもらうようにします。

どのような人でも関心のあることがあるので、その心理を利用するようにします。

特徴1.人の話を聞かない人で落ち着きがない人の場合

人の話を聞かない人の特徴と対処法9つ
※画像はイメージです

人の話を聞かない人は落ち着きがない場合があります。その時は、こちらから落ち着いてもらえるように促していくようにしましょう。落ち着きがないのはそれなりの理由があるので、話を聞いてもらえるように話し方や流れを工夫します。

人の話を聞かない人がなぜ落ち着かないのかの理由を考えて、話を進めるようにしましょう。また話を聞かないと困るということを理解させることも考えて話すようにします。

対処法1.話を聞いてもらうようにする

落ち着きがなくて、人の話を聞かない人に話を聞いてもらうには、余裕のある状況を作り出す必要があります。自分なりに時間に余裕を持って話したり、今ゆっくり話をしていても大丈夫だということを話してゆったりした状況を作るようにします。

落ち着きがない人に話を聞いてもらうには、一度や二度ではお互い落ち着いた状況を作り出せないので根気よく話しかけるようにしましょう。

特徴2.人の話を聞かない人は余裕がないことが多い

人の話を聞かない人の特徴と対処法9つ
※画像はイメージです

時間に追われる仕事をしていたり、その人自体の気持ちに余裕がなければ他人の話を聞かない人になりやすいです。自分が話しかける場合は相手に余裕を持たせてから話をするような工夫が必要になります。

なぜ話を聞かないのかと相手を責めるよりも、相手が話を聞くことが可能な状況を作るようにします。そのためには上司や同僚の協力も必要なこともあります。

対処法2.話をするタイミングを考える

他人の話を聞かない人は、仕事が忙しいことが多いですが必ず余裕のある時間帯があります。話しかけたい人は、休憩時間や繁忙期ではない時間帯に話をすることで話を聞いてもらえるようにしましょう。

自分なりに相手の都合やタイミングを考えて話をすることで、仕事の進行などもスムーズになるので他人の話を聞かない人以外の人にも応用できることがあります。

特徴3.人の話を聞かない人は忘れっぽい人が多い

人の話を聞かない人の特徴と対処法9つ
※画像はイメージです

他人の話を聞かない人は、聞いたことを忘れることがあるので話しかける人は工夫をして話す必要があります。その場合、話を覚えていない人を責めるのではなく、話を忘れっぽい人がどうすれば忘れないでいられるかを考えていきます。

どうしても相手が話を忘れやすい場合は、忘れたことでどのようなリスクがあるのかを話すようにしましょう。

対処法3.メモや記録を残しておき話を進める

他人の話を聞かない人は、話を覚えていないために話を進められないことがあります。人の話を忘れやすく相手の話を聞かない人には、メモや記録を残しておきその記録を見せて納得させて話をするようにします。

メモや記録を相手に見せる場合は、相手に時間の余裕を与えるなど工夫をするようにしましょう。

特徴4.人の話を聞かない人は他人を見下すことがある

人の話を聞かない人の特徴と対処法9つ
※画像はイメージです

他人の話を聞かない人は、自分に自信があり、聞かなくても分かりきっていると考える場合があるので相手を見下して聞かないことがあります。その場合は話を聞いてもらうように、対等の立場に持っていき話を聞いてもらうようにします。

話を聞かない人が相手を見下していても、話しかける人の話を聞いてもらうために相手が興味を持つように話をするようにします。

対処法4.チームワークの大切さを感じてもらう

Latests