Search

検索したいワードを入力してください

OB訪問時の質問の注意点・質問内容例・避けるべき質問例

OB訪問とは、就活生にとって「会社によって育てられた人を通して、その会社のビジョンに触れること、会社に対し自己アピールの機会」と言えます。一方で会社やOBもボランティアでそれを行うことは決してしません。

メールでOB訪問を依頼する際にあらかじめ質問したいことを書いておこう

OB訪問とは、就活生にとって「会社によって育てられた人を通して、その会社のビジョンに触れること、会社に対し自己アピールの機会」と言えます。一方で会社やOBもボランティアでそれを行うことは決してしません。

OB訪問に来る人間に対して、できるだけ今の就活生のトレンドをつかみ、より優秀な人間とのコネクションを作ったり、優秀な人間を会社に引き入れる投資をしているのです。あなたはそれを意識したうえで、「優秀な人間である」と認められ、チャンスを作っていく緻密さが必要です。

まず、メールでOB訪問を依頼する最初の内容によって、あなたに対してどれほどの投資を事前にするか会社は判断します。会社にとってはすでに「あなたの会社に興味があります。」と意思表示を受けているようなものですから、あなたに対してどれほどの投資をするか、それは質問内容によって変わってきます。

「OB訪問させてください」と依頼するだけでは、通り一遍の回答と、たまたま連絡をとりあったOBの体験談を聞くだけの時間に終わってしまいます。その場合、OBもさほど準備をしてきてはくれないでしょう。あなたがどういったことを聞きたいのか、ある程度明示しておけば、会社は最高の答えを用意しようと動くはずです。有能な会社であれば、依頼を受けたOBが答えられないのであれば、答えられる人間から、模範解答を探してくるでしょう。

しかし一方で、質問をあらかじめ記載する際、気を付けなくてはいけないポイントがあります。それは、あまり具体的に質問を書きすぎないことです。具体的にすればするほど、あなたは偶発的に巡り合うチャンスを逃してしまうかもしれません。

また、会社も具体的であれば「解答」を準備することが楽になり、自分たちのいいように作ってきてしまうかもしれません。人によっては、会社のことを知りもせずに、自分の要求を通そうとするように見られてしまうかもしれません。Win-Winの場にするためには、がっつりとは書かず、それでも興味があるということをアピールするにとどめたほうがいいです。

OB訪問で聞くと効果的な質問内容

OB訪問で聞くと効果的な質問は以下の通りです。それぞれ参考にしてください。

①仕事のやりがい

「仕事のやりがい」と聞くと、なかなか大雑把な言い方かもしれませんが、この確認は必ずすべきです。なぜなら「仕事のやりがい」=「仕事満足の尺度が何か」ということがわかるからです。その会社で働く人々が「仕事のやりがい」を「報酬」とみるのか「社会貢献」とみるのか、あなたが入社してからのビジネススタイルが想像できるはずです。

OB社員から「お客様の笑顔」と答えられたのなら、あなたはその「笑顔」で本当に1日の3分の1の時間費やすことに満足できるのか、「頑張りが必ず認められる」と答えられたのなら、あなたは人生のタスクの中でどれだけの優先順位で仕事を頑張るのか、考えてみてください。「仕事のやりがい」を聞くことで、その会社があなたに与えてくれることや、あなたが求められることを知ることができるでしょう。

②キャリアステップ

その会社でのキャリアステップというのは、一見すると個人的なことを聞いているように映るかもしれませんが、そうではありません。実は、会社によっては、社員を「ジェネラリスト」として育てるのか、「スペシャリスト」として育てるのか、大きく2つ考え方があります。

一般的には、前者は文系社員、後者は理系社員にあてはめられているようですが、実際のところは、文系社員も、一つの職種に長くつかせ、そのための資格支援をする会社もありますし、理系社員でも専門分野と隣接する別グループをローテーションすることで、総合力を身に着けさせようとする会社もあります。それらはすべて、会社のビジョンによって決まっていることなので、よほど高い専門力と即戦力を有していない限り、多くの社員はそれに沿って育成されています。

あなたはその会社に長くいればいるほど、その会社から育成という投資を受けることになります。その時、専門的スキルや思考が伸びていくことがいいのか、それとも全体的な経験や考えを身に着けたいのか、それをOBのキャリアステップを聞きながら、判断していくことができます。

③他社との違い

他社との違いを教えてくださいというと、若干失礼に聞こえるかもしれませんが、それは言い方によって「積極的に業界研究をしている」とも受け止められます。「他社との違い」はつまり「会社の強み」です。ただ、「会社の強みを教えてください」と質問すると、その会社の話しか出てきません。それでは、会社の自慢話を聞きに行くのと同じになってしまいます。

他社との違いと質問すると、それは必ず、その会社の「ライバル」がどの会社なのか、何を基準に争っていて、現状で何が優位なのかをはっきりさせることができます。OB訪問終了後、その業界の強みのシェアや将来性を調べることで、会社の成長をある程度予測することができるでしょう。

OB訪問での質問例(営業志望の場合に関しては必ず書くこと)

ここで、簡単に質問例をその効果的な順番も併せて載せておきます。

①現在の仕事の概要「あなたの従事している仕事の内容、携わっているプロジェクトについて、話せる範囲でお伺いしてもよろしいでしょうか」

②現在の仕事の1日のスケジュール「あなたの仕事の1日を、大体でいいので教えていただけますでしょうか。平均的な1日で構いません。毎日大きく異なるのであれば、直近で答えやすい日でいいので教えてください」

③仕事のやりがいと思うこと「仕事をこなす中で、自分がやりがいと思うことを教えてください」

④仕事でつらいと思うこと 「仕事をこなす中で、つらいと感じること、もしくは今まで感じたことを教えてください」

Latests