Search

検索したいワードを入力してください

【種類別】安全標語例|575/夏/面白い/健康/工場/交通

初回公開日:2017年12月20日

更新日:2020年08月20日

記載されている内容は2017年12月20日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

安全標語は、誰もが見たことがあるでしょう。しかし世の中には、ユニークな安全標語やセンスがある安全標語があります。この記事では、いろいろな安全標語の例を紹介しています。もし感心した安全標語の例があれば実行しましょう。きっと安全対策になるでしょう。

種類別安全標語・スローガン例

工場・建設現場の安全標語

工場の安全標語

「単純な作業に隠れている。大きな事故の可能性」この標語は、オリジナルな安全標語例です。工場の仕事は単純作業が多いですが、工場で事故に遭う人は多いです。単純な作業で気が緩むこともありますが、常に単純作業の裏には事故を誘発する要因が、隠れていることを忘れてはいけないでしょう。

建設現場の安全標語

建設現場も危険が多いです。上から物が落ちてくるだけで死亡することもあるので、細心の注意が必要です。「通行人は危険です。でも作業員も危険です」は、そのような建設現場を対象にした、オリジナルの安全標語例です。

建設現場では通行人も危険ですが、作業している建設作業員はもっと危険です。常に危険の最前線にいることを自覚して、災害ゼロを目指す心構えが必要でしょう。

交通安全標語

交通事故は身近な例でも多いでしょう。そのような交通事故防止のための、安全標語を紹介します。「走っている車の視界は、通行人よりも狭い」はオリジナルな作品例です。

たとえ低速で走っていても、運転中の視界が狭いことは常識です。交通事故は、取り返しのつかない結果の例が多いです。運転中は、視界が狭くなることをゆめゆめ忘れずに、安全運転を心がけましょう。

熱中症の安全標語

熱中症はバカにはできません。熱中症で亡くなる方もいるので、甘く見てはいけません。熱中症は、めまいや吐き気がするのが症状の一つです。体調がおかしいと思ったら、早めに病院に行きましょう。「熱中症は現在進行形。手遅れになる前に早めに病院へ」は熱中症に関するオリジナルな安全標語の例です。

単なるめまいや吐き気と軽く見たら、命取りになる可能性があります。熱中症にはそれなりの対策方法があります。自己判断せずに、早めに病院に行くことが大切です。

健康のための安全標語

健康の大切さは病気になったり、怪我をしたときに気付くことが多いです。しかしそこで気付いても、手遅れになることがあります。「もう少しの用心があれば、妻も子供もニコニコ」はそのような人に向けた、オリジナルな安全標語の例です。

不摂生な生活を大黒柱がしていたら、ひそかに妻も子供も心配するでしょう。そのような妻や子供のことを考えて、もう少し用心しましょう。病気や怪我が少ない人は用心深い人です。

575で安全標語を作る

575の言葉のリズムはいいです。このリズムに合わせた安全標語の例を紹介します。「嵐吹く雨の日の傘折れやすい」強い風が吹く雨の日に、傘の骨を折った経験をした人は多いですが、そのような日の戒めを込めたオリジナルな安全標語の例です。

もう一つ紹介します。法律で規制されていても、スマホを閲覧しながら運転するドライバーは今でもいます。そのような人たちに向けたオリジナルな安全標語です。「スマホ見てニヤニヤするは事故の元」スマホを見てニヤニヤするのは、運転をしているとき以外にしましょう。運転中のスマホはもってのほか、またニヤニヤも集中力がなくなります。

季節別安全標語例一覧

春にちなんだ安全標語

春になるといつも辛い人がいます。花粉症に悩んでいる人です。花粉症には縁がないと安心していても、突然に花粉症になるのが特徴です。「花粉症の原因のスギ花粉は、誰にでも近づき悪さする」はそのような花粉症対策のための、オリジナルな安全標語の例です。

スギ花粉は誰彼かまわず近づき、花粉症の原因を作ります。できる限り、スギ花粉が発生する場所には近づかない方がいいでしょう。どうしても近づかなければいけない場合は、メガネやマスクをして花粉症対策をしましょう。

夏にちなんだ安全標語

夏は海水浴の季節です。しかし悲しいことに、毎年誰かが海の事故で亡くなっています。「海の事故の怖さは、気付いてからでは手遅れ」は海水浴によく行く人に向けての、オリジナルな安全標語の例です。

海で事故に遭った人は、海の怖さに初めて気付く例が多いでしょう。海の事故は、近くの人も助けにくいので本当に怖いです。そのような海の事故の怖さを標語で表現しました。

秋にちなんだ安全標語

秋は台風が多い季節です。台風がよく直撃する地域の人は、台風の怖さを知っているでしょう。しかしあまり台風が直撃しない地域の方は、台風を甘く見ることがあります。「台風の速度は制限速度の限界並かそれ以上」はそのような人への戒めのためのオリジナルな安全標語の例です。

台風の速度は、時速50キロぐらいになることがあります。そのような台風が直撃すれば、人が飛ばされることもあります。台風がくる日は、決して外で遊んではいけません。

冬にちなんだ安全標語

Latests