Search

検索したいワードを入力してください

第二外国語|ビジネス/理系/文系/簡単/社会人

初回公開日:2018年01月30日

更新日:2020年08月20日

記載されている内容は2018年01月30日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

第二外国語の選択を何にするか迷っておられませんか?どうせ学ぶなら、将来役立つ外国語を学びたいですよね。でも実際には何を基準に決定したら良いのか悩むところです。今回は、ビジネス・理系・文系・簡単さ・社会人というカテゴリー別に第二外国語をご紹介します。

ビジネスに使える第二外国語とは?

第二外国語|ビジネス/理系/文系/簡単/社会人
※画像はイメージです

ビジネスで必要とされている外国語は、英語だけではありません。他にも武器となる外国語があります。

複数の言語を話すことができれば、ビジネスチャンスや人脈も広がります。会社でもより有用な社員として働くことができますし、海外勤務できる可能性もあります。また、自分で起業する際にも有利です。外資系の会社に就職する機会もあるでしょう。

英語を流暢に操ることができる人はすでにたくさんいるので、他の外国語を習得できれば人と差をつけることができます。

それでビジネスに第二外国語として、ここでは中国語とスペイン語の必要性についてお話しします。

ビジネスに使える第二外国語 その1 中国語

お隣の国中国は、日本にとって、ビジネスの場で切っても切れない関係にあります。多くの日本企業が中国や他の中国語圏の国に進出しています。

また、中国からも毎年多くの観光客が日本を訪れています。中国国内でも日本製品を好む人はたくさんいます。人口13億をかかえる中国の市場はこれからも発展し続ける可能性を秘めています。多くの日本企業は中国語ができる社員を求めています。

それに、中国語が話されるのは中国大陸だけではありません。台湾や、香港でも中国語は話されています。また、マレーシア、インドネシアなど多くの東南アジアの国々にはたくさんの華僑が住んでいます。

また、欧米諸国をはじめ、世界のあちらこちらに大勢の中華系移民が散らばっています。ですから、中国語はアジアではもちろん、世界的に見ても、ビジネスにおいて重要な言語といえます。第二外国語での中国語は将来性のある選択肢です。

ビジネスに使える第二外国語 その2 スペイン語

スペイン語を話す人は約5億人いると言われています。スペインだけではなく南米のほとんどの国でスペイン語が話されています。世界人口で見ると、中国語に次いで2番目に多くの人々に話されている言語です。

それに加え、スペイン語が公用語として話されている国の数も英語圏に次いで2番目に多いということを考えると、学ぶ価値のある言語といえます。

アメリカでは第二言語としてスペイン語が挙げられています。アメリカや中南米でビジネスを展開したければ、スペイン語が話せるというのはとても役に立つスキルです。

日本においても、多くの南米からの日系人が労働者として働いています。第二外国語としてスペイン語を学べば、仕事上コミュニケーションの幅がぐっと広るのでです。

理系に第二外国語とは?

第二外国語|ビジネス/理系/文系/簡単/社会人
※画像はイメージです

理系の学生の中には外国語が苦手という方がいらっしゃるでしょう。理系の方は数学や理科が得意です。受験勉強の時でさえ、外国語の学習のために割く時間が限られていたという経験をした方も多いでしょう。

そのため苦手意識がついて回り、大学に入ってからも面倒な分野と思い込んでいる人もいます。外国語の学習のためには単語をたくさん覚えなければならないので退屈だと感じて、モチベーションを保つのに苦労することもあります。

まして第二外国語でもう一つの外国語を学ばなければならないと思うと圧倒されるように感じる方もいます。でも、第二外国語をなぜ学ぶことは有利なのかを考えればモチベーションを保つことができます。そこで理系の方に第二外国語であるドイツ語についてお話しします。

ドイツ語

ドイツ語は理系の学生にの第二外国語です。ドイツ語はヨーロッパでは主要な言語であり、1億人以上の人々が話しています。ドイツだけではなく、オーストリア・スイス・ルクセンブルクなどでもドイツ語が話されています。

ドイツの経済は比較的安定しており、工業が盛んで、鉄鋼関係の企業が多数存在します。多くの会社がコンピューターやソフトウェアのエンジニアを求めています。医学用語や学術用語にもドイツ語が使われています。アメリカでもビジネスにおいてドイツをパートナーとして重視しています。

ドイツの大都市には多くの日本企業が進出しています。特に、デュッセルドルフ・ミュンヘン・フランクフルトといった都市では、たくさんの日本人ビジネスマンが働いています。将来ビジネスチャンスを広げる可能性があるのでです。

文系に第二外国語とは?

文系の人は左脳が発達しているといわれています。左脳は言語や言葉の意味を処理する部分です。ですから、文系の方のほとんどが外国語を学ぶことを得意としています。

また、社交的で、人と交流したり、コミュニケーションをとったりすることを好む人も多いです。外国語の学習が趣味だという人さえもいます。ですから、多くの文系の人にとっては第二外国語を学ぶことは苦ではないでしょう。

上記にも書いたように中国語はビジネスチャンスを広げる可能性のある、有利な外国語です。また、多くの文系の学生にのある第二外国語でもあります。では、なぜ中国語が文系の人にとって第二外国語としてな言語なのかについてもっと掘り下げてお話しします。

中国語

まず漢字を使う言語という点で、文系の学生に向いています。中国大陸で使われている簡体字も台湾や香港で使われている繁体字も日本の漢字に近い文字を使っています。歴史的にも日本は中国と長年関わりを持ってきました。中国文化も日本文化に大きな影響を与えています。

中国語を学ぶ点で、困難なのは発音といえます。しかし、大学の第二外国語の授業では、漢字とピンインという中国語独特の表記法を使い、発音を学ぶので、ここで基礎固めができるでしょう。

中国語を習得すれば、多くのアジアの国で人々とコミュニケーションをとることができます。アジアでのビジネス・貿易・観光産業において中国語はな言語です。

中国の日本語学校や大学では熱心に日本語を学ぶ学生で溢れています。将来日本語教師を目指している方は、中国人に日本語を教える際にも、中国語の知識は役立つでしょう。

簡単な第二外国語

第二外国語|ビジネス/理系/文系/簡単/社会人
※画像はイメージです

日本人にとって簡単な第二外国語は何だと思われますか?何を基準に簡単だと判断するかで答えは違ってきます。文法が簡単な外国語は中国語・韓国語・インドネシア語・モンゴル語・トルコ語などが挙げられるでしょう。

発音が簡単な外国語といえば、スペイン語・イタリア語という意見もあります。しかし、日本で学びやすい第二言語は何かを考えると、選択肢は限られてきます。実際に学ぶ環境が整った外国語でなければ、上達が望めません。

また、語学を習得するためには多くの努力が求められるので、長続きせず、途中で投げ出してしまう可能性があります。しかし、学びやすい言語であれば、比較的短期間で習得でき、達成感もあるのでモチベーションを保ちやすいといえます。そこで韓国語をします。韓国は近いので、気軽に行くことができます。では、簡単でな韓国語の特徴ついてご説明します。

韓国語

韓国語のハングル文字は一見難しそうに見えますが、覚えるのは意外と簡単です。ハングル文字は母音と子音の組み合わせで成り立っていて、母音は10個、子音は14個あります。アルファベットよりも少ないので一気に覚えることができるでしょう。これを組み合わせれば韓国語を読んだり、書いたりできるようになります。

また基本的に語順が日本語と同じなので、です。韓国語を話すときには、まず日本語で頭の中で文を作り、韓国語の単語を当てはめていけばよいので、早く上達できます。単語さえ覚えれば話せるようになるということです。

日本語と発音が似ている単語が多いという点も第二外国語としてする理由の一つです。元々中国から伝わった漢字の読み方が残っているので、日本語の音読みに近い単語がたくさんあります。例えば高速道路はコンソクトロ、公園はコンウォンなどです。

社会人に第二外国語

第二外国語|ビジネス/理系/文系/簡単/社会人
※画像はイメージです

社会人にとって必要とされる第二外国語は何でしょうか?ビジネスに使える外国語として中国語を挙げ、その理由についても述べました。確かに、中国語も社会人にとって有用な第二外国語であるといえます。もう一つ社会人にとっての第二外国語としてフランス語を挙げる人も多くいます。

フランス料理やファッションを思い浮かべ、フランス語は「おしゃれ」「かっこいい」というイメージをお持ちの方も多いでしょう。逆に、「発音や文法が難しそう」と敬遠する方もいます。

確かに、フランス語は簡単な言語ではありませんが、学ぶ価値のある言語です。忙しく仕事をしている社会人にとって時間は貴重なので、実用性のある言語を学びたいと考える人は多いでしょう。ここでは、なぜフランス語が社会人にとって第二外国語といえるのかについてご説明します。

Latests