Search

検索したいワードを入力してください

高校受験に失敗する原因と特徴・失敗しない対策・失敗後の対処法

初回公開日:2018年02月02日

更新日:2020年03月02日

記載されている内容は2018年02月02日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

高校受験に失敗しないための対策や、もしも高校受験に失敗してしまった時に実際に起こせる行動や気持ちの持ち方、周囲がどんな言葉をかければよいかなどについて書いています。対策を立てて合格発表で笑えるように、失敗してもその後の人生がうまく行くようにお役立てください。

高校受験に失敗する原因と特徴

高校受験に失敗する原因と特徴・失敗しない対策・失敗後の対処法
※画像はイメージです

「高校受験」と聞くと、現役の中学生の方々にとっては今気になることのひとつではないでしょうか。大人の方にとっては、辛かったけど良い思い出として残っている方、失敗して今でも苦い気持ちになる方とさまざまでしょう。

高校受験は言うまでもなく、合格する人もいれば失敗してしまう人もいます。これは動かしようのない現実です。そして高校受験の失敗は誰の身にも起き得ることです。高校受験に失敗してしまった時、親も子もオロオロしてどうすればいいかわからないということがないように、心の持ちようを知っておきましょう。そして可能な限り失敗しないための対策を立てましょう。

どんな人が失敗しやすいか

助言を聞かない人

担任の先生と高校受験に向けての進路相談を十分にしない人、また指導を受けても自分の希望を頑なに通そうとする人は高校受験に失敗しやすいです。担任の先生は生徒の学力や性格を把握しているので、生徒に合わないと思う高校を勧めることはまずありません。希望を持つことは大事ですが、親や担任、塾の先生の助言があれば耳を傾ける姿勢は大事です。

学力とかけ離れた高校を目指す人

行きたい高校があって行けるように努力することはよいことですが、目標設定が高すぎたり、希望だけで志望校を決めてしまう人は、高校受験に失敗しやすいです。

高をくくっている人

これは進学校を目指す人というよりは、学業成績のあまりよくない人に起こりがちです。つまり、目標と言う目標がなく「どこかに引っかかれば儲けもの」と考えている人は高校受験に失敗しやすいです。いくら高校受験が厳しいと言っても、まさかどこにも行けないというようなことは起こらないだろうと考えています。

しかし現実には「どこにも行けない」という事態は起こり得ます。先輩などから「勉強しなくても受かったよ」「こんな僕でも受かったから誰だって受かるよ」というような話を鵜呑みにしていると、それを真に受けて悲惨な結末を迎えてしまう人がいます。

自分の意思で志望校を選ばない人

自分の意思があまり強くなく、「友達の〇〇ちゃんが行くから」「同じ中学出身で知っている人が多いから」という理由や、家が近いからという安易な理由で志望校を選ぶと、高校受験で受かったとしても、「こんなはずじゃなかった」「いっしょに入学した友達が高校を辞めたから、友達がいなくなって学校に行きづらくなった」ということになりかねません。

いくら高校受験に合格しても、これでは別の意味で高校受験に失敗したということになります。

高校受験に失敗した人の注意点

高校受験に失敗する原因と特徴・失敗しない対策・失敗後の対処法
※画像はイメージです

トラウマ

高校受験に失敗したことをいつまでも引きずると、その後の人生に大きな影響を与えます。悲壮感や自信喪失から、最悪の場合反社会的になり、日本の国やシステムを否定するようになります。こうならないために、高校受験に失敗してもすぐに気持ちを切り替える必要があります。

後悔

高校受験に失敗する原因と特徴・失敗しない対策・失敗後の対処法
※画像はイメージです

高校受験に失敗すると、誰しももっと勉強しておけばよかった。もっと真面目に授業を受けて内申を良くしておけばよかったと思うことでしょう。後悔は一瞬だけにして、その念は早く断ち切りましょう。

立ち直れない

高校受験に失敗して、気持ちを切り替えられずにいつまでも立ち直れないでいてもいいことはひとつもありません。性格的な問題もありますが、敢えて気持ちを切り替えるようにしましょう。そのためには日頃精神力を養っておくことも大事です。

高校受験に失敗しないための対策

高校受験に失敗する原因と特徴・失敗しない対策・失敗後の対処法
※画像はイメージです

高校受験で失敗しないための対策はいくつか立てることができます。

勉強する

Latests