Search

検索したいワードを入力してください

医療での「アウトブレイク」の意味と使い方・定義・対策方法

初回公開日:2018年03月23日

更新日:2020年08月28日

記載されている内容は2018年03月23日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アウトブレイクという言葉を聞いたことはありますか?ゲームや映画の題名にもなっているので一度は聞いたことがあるかもしれません。このアウトブレイクですが生活の中でも発生する可能性があります。今回はこのアウトブレイクについて詳しくご紹介します。

院内感染の対策を講じたのに、院内の感染症患者が増え続ける場合や、その感染症との因果関係が否定できない状態の死亡者が確認できた場合は、管轄する保健所に届け出ます。

また、医療機関の判断によって上記のような状態ではない場合にも保健所に連絡や相談をして指示を受けたほうが、もし感染が広がった場合にも初期に対処ができるために連絡をするのが望ましいとされています。

保健所の対応

保健所は報告を受けたら院内感染が発生している医療機関が防止策が成果を上げているか、また協力関係にある医療機関の専門家の支援が功を奏しているか確認のために一定期間確認します。必要に応じて指導なども行います。

医療機関から報告を受けた保健所は、都道府県などと密に連絡を取り合い連携をします。

過去のアウトブレイク 天然痘

過去に世界的なアウトブレイクが発生したことがあります。まずは天然痘からご紹介します。

天然痘とは?

天然痘とは紀元前から存在します。伝染力が非常に強く、死に至るケースが多かったために疫病として大変恐れられていました。また、天然痘が完治しても顔などに酷い痕が残るために、江戸時代には「美目定めの病い」と言われていました。

天然痘ワクチンの接種の普及により発生数は徐々に減少していき、1980年5月にWHOは天然痘の世界的根絶宣言を行いました。宣言以降は世界中で天然痘患者の発生の報告はありません。

天然痘を発症するとどうなるのか?

天然痘を発症するとまず、急激な発熱(39℃前後)頭痛、四肢痛、腹痛などから始まります。発熱は2日から3日で40℃以上になります。子供が発症した場合はそれに加え、嘔吐、吐き気、意識障害などもみられる場合もあります。

発疹は、紅斑→丘疹→水疱→膿疱→結痂→落屑と移ります。発疹は顔や頭に多く現れますが、全身にみられます。水疱性の発疹は水痘(水ぶくれ)に似ていますが、やけどなどの時の水痘のように各時期の発疹が同時に見られるわけではなく、その時期に現れる発疹はすべて同じなのが特徴です。

治療方法や予防方法とは?

治療は症状に合わせて処理をする対症療法を行います。根本的な症状の改善というよりも、その時その時の症状によって処置していきます。

予防方法はワクチンの接種によって行います。しかし、天然痘が根絶された現在はワクチン接種による予防を行っている国はありません。

過去のアウトブレイク エボラ出血熱

2014年3月以降に大流行したエボラ出血熱ですがどのような症状が現れるのでしょうか。

エボラ出血熱とは?

エボラ出血熱は、主に症状が出ている人の血液や分泌物などの体液に触れることで感染します。また、人から人だけではなく感染したサルなどの体液や、流行している地域の洞窟に生息するコウモリなどからも感染する恐れがあります。

潜伏期間は2日から21日間で、平均して1週間前後です。

これまでに、アフリカ中央部や西部で発生しています。2014年に大規模な流行があったのはアフリカ西部のギニア、リベリア、ナイジェリアなどの国です。

エボラ出血熱を発症するとどうなる?

発症すると突発的に症状がでます。症状は発熱や頭痛、筋肉痛などの疼痛、無力症などが多いです。

2日から3日で急激に悪化していき、1週間前後での死亡例が多いです。病名にもなっている出血は、主症状ではないことも多いです。致死率はザイール型で90%、スーダン型で50%となっています。

治療方法や予防方法は?

治療方法は、天然痘と同じくその時の症状に合わせた治療を行う対症療法を行います。

予防方法として、流行している地域への渡航は控える。また、渡航する場合は野生動物に直接触らない、洞窟には入らないという予防策が必要です。

アウトブレイクの原因になりやすいものとは?

アウトブレイクの原因になりやすいものや場所とはなんでしょうか。

トイレ

Latests