Search

検索したいワードを入力してください

車椅子テニスのルール・世界・有名な選手と大会

初回公開日:2018年03月28日

更新日:2020年08月28日

記載されている内容は2018年03月28日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

車椅子テニスについて皆さんご存知でしょうか。ここでは普通のテニスと何が違うのか、車椅子テニスの歴史、どのような選手が活躍しているのかを紹介しています。車椅子テニスの今後の未来や希望を願いつつ、車椅子テニスの賞金や大会なども紹介しています。

テニスとは

車椅子テニスのルール・世界・有名な選手と大会
※画像はイメージです

テニスとは、ラケットとボールを使うスポーツです。テニスにも軟式と硬式の2種類があります。軟式は柔らかいボールをラケットで打つスポーツです。硬式テニスはその逆で、硬いボールをラケットで打つスポーツです。

一見ものすごく簡単に見えてしまうスポーツですが、とても体力的にも精神的にも疲れるスポーツです。趣味でやる程度なら、あまり体力や精神力も使うことはありませんが、プロを目指すのであれば、相当な努力が求められるスポーツです。

テニスは子供から年代が高い方でも非常に親しまれているスポーツです。そしてこれからのテニスのも高くなることが予想されます。スポーツとしての価値も上がってくるでしょう。

日本人でも錦織圭選手をはじめとする素晴らしいテニス選手が多くいて、これからテニスを始める方やテニスが好きな方がたくさんの刺激をもらっているでしょう。

テニスの楽しさ

車椅子テニスのルール・世界・有名な選手と大会
※画像はイメージです

テニスの楽しさは何といっても、ラリーをすることの楽しさでしょう。ラリーが続くと非常にテンポよく、楽しいスポーツであると感じられます。その中でもラリーをした人と仲良くなれたり、コミュニケーションをとるきっかけにもなる場合があります。

人とのつながりを増やす機会がたくさんあるスポーツなので、スポーツの一つです。テニスは試合形式で「ダブルス」と「シングルス」という2つの試合形式があります。シングルスは若い人が中心にプレイしている形試合形式です。

ダブルスは年配の方でも楽しく気軽にできる試合形式です。しかしダブルスはコートカバーリングをうまく使わないといけないので、頭を使う競技ともいえるでしょう。相手の弱点を的確についていく技術も必要になってきます。

車椅子テニスのルール

車椅子テニスのルール・世界・有名な選手と大会
※画像はイメージです

車椅子テニスのルールとしては、まず2バウンド制になっています。本来のテニスであれば、ワンバウンド以内で返さないと相手の得点になってしまいます。車椅子テニスは2バウンドまで可能となっています。

そして足を使って車椅子を操作したりしてはいけません。押すのも禁止です。車椅子テニスは、サーブの際は一押ししても良いというルールがあります。車椅子テニスでは、打球の際に臀部を両方浮かせてはいけません。

重度の障害のある選手になると、サーブの際もワンバウンドしても大丈夫なことになっています。ブレーキの使用は不可ですが、手でかけるのは大丈夫になっています。このようにテニスとは違うたくさんのルールがあります。

車椅子テニスの世界

車椅子テニスのルール・世界・有名な選手と大会
※画像はイメージです

車椅子テニスの世界もあります。本来のテニスにもがありますが、車椅子テニスもポイント制でが存在します。日本の国枝慎吾選手は現在世界3位に位置しています。

国枝選手は元選手で、グランドスラムも数々の大会で優勝をしています。車椅子テニス選手の中では、知らない人はいないでしょう。日本人が世界に誇る選手の一人と言えます。

2位の選手は G. FERNANDEZ選手です。この選手は過去に世界で位を記録している、車椅子テニスの中でも指折りの実力者です。ダブルスにおいても10を継続しているなど輝かしい成績を持つ車椅子テニスプレイヤーです。

現在世界一位は、A. HEWETT選手です。20歳という若さで世界で位に君臨しています。ダブルスでも10を継続しており、これも車椅子テニスの顔というべき存在です。

女子

女子の世界を紹介していきます。3位はVAN KOOT, Aniek選手です。過去にダブルス・シングルスと共に世界で位になったことがあり、現在も10の強豪選手として君臨し続けています。

世界2位は、DE GROOT, Diede選手です。21歳の若手でまだまだ伸びしろがある選手です。シングルス・ダブルスとともに5をキープしている実力者です。

世界1位は、日本の上地選手です。レベルの活躍をしています。23歳という若さで、数々の大会で優勝しています。金メダルも獲得するなど今後の活躍に期待が高まる選手です。

車椅子テニスの有名な選手

車椅子テニスのルール・世界・有名な選手と大会
※画像はイメージです

車椅子テニスの有名な選手を紹介していきます。先ほど紹介した男女の上位の方は有名な選手として名高い方も多いです。ここからまたどういった勝負があるのかを楽しみにしている人も少なくはないでしょう。

日本人

日本人の男子で有名な選手は、国枝選手です。現在の世界1位のロジャーフェデラー選手も認める存在です。日本の車椅子テニス選手と言ったら、国枝選手だという方も多いでしょう。女子では上地選手が世界1位に君臨している選手になります。

日本人は錦織選手をはじめ、テニスで活躍はされていますが、車椅子テニスの選手においては日本人が1位を独占してしまうくらいに強い傾向にあります。今後とも車椅子テニス界での日本人の活躍に目が離せません。

ジュニア

ジュニアでは、何といっても日本ジュニアに1位になった、坂口竜太郎選手が有名です。13歳という若さで日本ジュニア1位に君臨した実力者です。今後行われる東京オリンピックなどでも活躍が期待される、有望な選手であるといえます。

自宅近所のテニスコートで猛特訓をしたという坂口選手。国枝選手にあこがれていて、国枝選手のアドバイスや発言したことがとても自分の力になっているのだそうです。

車椅子のテニスの賞金

車椅子テニスのルール・世界・有名な選手と大会
※画像はイメージです

Latests