Search

検索したいワードを入力してください

「のんけ」の意味と使い方・語源や由来|同性愛者/異性愛者

初回公開日:2018年04月05日

更新日:2020年08月28日

記載されている内容は2018年04月05日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

「のんけ」という言葉を知っていますか。のんけはネット上にいつの間にか広まったオタクの言葉だと認識している人が多いのではないでしょうか。正しい意味を知らずに使ってしまうと恥をかくことがあります。のんけの意味と使い方、語源、同義語、例文、誤用の例をご紹介します。

「のんけ」の意味と使われ方

「のんけ」という言葉を、聞いたことはありますか。「のんけ」とはどういう意味でしょう。「のんけ」とはネット上の掲示板などで、腐女子やオタクがよく使っている言葉というイメージがあるのではないでしょうか。

「のんけ」の意味と使われ方についてご紹介しましょう。

「のんけ」は「異性愛者」という意味の言葉

「のんけ」の意味と使い方・語源や由来|同性愛者/異性愛者
※画像はイメージです

「のんけ」の意味は「異性愛者」です。異性愛者とは「異性を恋愛対象にする人」のことで、男性であれば女性を好きになり、女性であれば男性を好きになる人のことを指します。

そう説明すると「なんだ、普通の人のことじゃないか」という反応をする人がいますが、世界は多様化しています。学校では「思春期になると異性を意識するようになります」と教わった記憶があるのではないかと思われますが、人間の中には「同性を好きになる」という性的指向の人も存在します。その人たちは「同性愛者」と呼ばれています。

同性愛者とは?

「のんけ」の意味と使い方・語源や由来|同性愛者/異性愛者
※画像はイメージです

同性愛者とは、「同じ性別の人を恋愛対象にする人々」のことです。男性の同性愛者は男性に恋をし、女性の同性愛者は女性に恋をします。男性の同性愛者はゲイと呼ばれ、女性の同性愛者はレズビアンと呼ばれています。

のんけは「非同性愛者」というニュアンスで使われる

近年、性的指向が多様化する世界で、「異性が好きなのか」「同性が好きなのか」という区別をはっきりさせることは、重要視されるようになってきています。

「のんけ」という言葉は、ただの異性愛者というより、どちらかというと「非同性愛者」というニュアンスで使われます。「のんけ」とは言い換えると「同性愛者ではない人」のことです。異性愛者と同性愛者との区別をはっきりさせる目的で「のんけ」という単語は使われます。

「異性愛者は普通」ではなくなってきている世界では「同性愛者」と「そうではない人」の区別をする必要があるのでしょう。

「のんけ」の意味の語源・由来

「のんけ」はどのようにして使われるようになったのでしょうか。語源・由来と使われるようになった背景について見ていきましょう。

「のんけ」の語源・由来

「のんけ」の「のん」は「non」というフランス語で、「~でない」という意味です。「のんけ」の「け」は漢字で書くと「気」で、これは「同性愛の気」という意味です。したがって異性愛者のことを「同性愛の気がない人」という意味で「のんけ」というようになりました。

使われるようになった背景

「のんけ」が広く使われるようになった背景には「BL」や「百合」の普及があります。

BLとは、男同士の同性愛を描いた作品のことで、百合とは、女同士の同性愛を描いた作品のことです。

「のんけ」は、かつて、ゲイの間でのみ使用されていた隠語でしたが、やがてBLや百合作品の中にもこの言葉が登場し始め、しだいにその作品を読んだ人々が好んで使うようになっていきました。

最も有名な作品は2004年の「くそみそテクニック」です。この作品を機に「のんけ」はネット上に広まっていったといわれています。

「のんけ」は「非ゲイ」という意味に限られるのか?

始めは、ゲイが「ゲイではない人」のことを「のんけ」と呼んでいましたが、最近ではレズビアンではない人を指して「のんけ」ということもあります。

昔は「のんけという言葉は、女性に対してはあまり使われなかった」とされていますが、現在では、女性に対しても使われていることがあります。

「のんけ」の同義語・類語

「のんけ」の同義語は「ノーマル」「ヘテロ」「ストレート」です。

「ノーマル」「ヘテロ」「ストレート」は「のんけ」と同じ「異性愛者」もしくは「非同性愛者」という意味で使われています。

ノーマルの意味

「ノーマル」は「異常ではない、普通の」という意味の単語です。「同性愛は異常」だという価値観の下では「異性愛者は正常」という見方をすることがあり、したがって「同性愛者ではない」という意味で「ノーマル」が使われることがあります。

「ノーマル」は、同性愛者を嫌悪する人たちが、偏見に満ちた考えにより「異常ではない」という意味で広めたとされていますが、一方で自虐的な同性愛者が「自分は異常だ」というやや自嘲ぎみなニュアンスを込めて、異性愛者を「ノーマル」と呼び始めたのではないか、という意見もあります。

いずれにせよ、同性愛者の間では「ノーマル」という呼び方はあまり好まれていません。異性愛者を「ノーマル」と呼んでしまうと、同性愛者のことを「まともじゃない」と非難しているようにも聞こえてしまうからです。

ヘテロの意味

「のんけ」の意味と使い方・語源や由来|同性愛者/異性愛者
※画像はイメージです

「ヘテロ」は「ヘテロセクシュアル」の略語で、ヘテロセクシュアルとは「異性愛者」という意味の言葉です。

「ヘテロ」には「異なる」という意味があります。ヘテロの対義語は「ホモ」です。「ホモ」という単語には「同じ」という意味があります。

ヘテロには「異種の」「異性の」という意味合いがあり、「ホモ」には「同種の」「同性の」という意味合いがあります。

「ヘテロセクシュアル」は19世紀に「頭のおかしな人扱い」として差別的な意味で広まった「ホモセクシュアル」の対義語です。そのため、ヘテロは差別的な表現であるホモとセットで使われることが多いため、同性愛者からは嫌われる表現だと考えられます。

Latests