Search

検索したいワードを入力してください

謳歌とは/意味3つと例文/謳歌するの使い方/謳歌の類義語

初回公開日:2018年02月06日

更新日:2020年03月11日

記載されている内容は2018年02月06日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

「謳歌」という言葉について解説しました。意味・使い方・類語・連想語・対義語を紹介しました。「謳」と「歌」それぞれの漢字の意味や読み方から「謳歌」の語源を考えました。「謳」と「歌」それぞれの熟語も挙げました。類語・対義語で言い替えた文も紹介しました。

謳歌とは

謳歌とは/意味3つと例文/謳歌するの使い方/謳歌の類義語
※画像はイメージです

「謳歌」は、難しい漢字なので、「書いてください」といわれて、すぐに漢字にできる人はあまり多くないでしょう。

しかしながら、会話の中ではよく使われる熟語なので、「耳にしたことがない」という人は、いないのではないでしょうか。

「謳歌」は、ビジネスで使われるよりも、日常会話の中で使われることの方が圧倒的に多い言葉です。日常の会話で使われる言葉なので、確実に使えるように覚えておきましょう。

読み方

「謳歌」は、「おうか」と読みます。「謳」には、「うたう」「うた」「大きな声でうたう」という意味があります。音読みは「おう」で訓読みは「うたう・うた」です。

「謳」の字の使われた熟語には謳歌のほかにも、謳吟(おうぎん)・謳詠(おうえい)・謳唱・謳頌(おうしょう)などがあります。どれも「歌をうたう」という意味で使われます。

「歌」という字も「うたう」ことを意味する漢字で、熟語も多数あります。

語源

「謳歌」という熟語は、どちらの漢字も「うたう」という意味を持っています。同じ意味の漢字を重ねることで、うたうことを強調した熟語といえます。

単に「歌う」とか「謳う」というよりも、「謳歌」という熟語を使った方が、歌う声が大きいこと、おおいに謳っている様子を示すことができます。

転じて、合唱を表す意味を持つようになり、さらに転じて、声をそろえるとか、楽しむいう意味を持つようになったものと考えられます。

謳歌の意味3つと例文、謳歌するの使い方

謳歌とは/意味3つと例文/謳歌するの使い方/謳歌の類義語
※画像はイメージです

謳歌には3つの意味があります。

①声を合わせて歌うこと
②声をそろえてほめたたえること
③幸せを大いに楽しみ、喜び合うこと


日常会話の中で「謳歌」は、3つ目の「幸せを大いに楽しみ、喜び合うこと」という意味でよく使われています。よく言われる「青春を謳歌する」はこの意味で使われています。

ここでは、「謳歌」の3つの意味、それぞれについて例文を交えて、使い方をご紹介します。

意味1:声を合わせて歌うこと

「謳歌」の意味のひとつ「声を合わせて歌うこと」は、「うたう」という漢字をふたつ重ねたストレートな意味といえます。

「うたう」と「うたう」で、「複数の声を合わせて歌うこと」という意味に転じています。ただし、現代文の中で「謳歌」が「声を合わせて歌うこと」という意味で使われることはほとんどありません。

「謳歌」がこの意味で使われているのは、古い日本文学の作品の中でみつけることができます。

1の意味の例文

「万国新話」の中に、「或は之を諷詠し、或は之を謳歌し」という一節があります。「諷詠」とは「ふうえい」と読み、「詩歌をつくること」という意味で使われます。

「閑吟集」にも、「詩変じて謡と成り謳歌せらる」という一節があります。

「声を合わせて歌うこと」という意味の例文としても、古典からの出典しかないことから、現代文の中でこの意味で使っても、正しい意味で伝わらない可能性があります。

意味2:声を揃えて褒め称えること

「謳歌」の2つ目の意味である「声を揃えて褒め称えること」は、ひとつめの意味「声を合わせて歌うこと」が転じた意味だと考えられます。

「声を合わせて歌う」の「歌う」とは、ポジティブな気分のときの行為であり、ポジティブな気分に相手をさせることができる「褒め称える」という行為へと転じたと考えられます。

「謳歌」をこの意味で使っている文章は、3つ目の意味で使われているのと、判別しづらいという面もあります

2の意味の例文

夏目漱石の「野分」の中に「世は名門を謳歌する、世は富豪を謳歌する」という一節があります。

これからご紹介する3つ目の意味として捉えることも可能ですが、正しくは「褒め称える」の意味です。「世間は、名門や富豪のことを声を揃えて褒め称える」という内容を表現しています。

「全校が野球部の優勝を謳歌した」という使い方も可能です。この一文だけだと、3つ目の「楽しむ」という意味だと誤解される可能性もあります。

意味3:楽しみを味わうこと

「謳歌」の3つ目の意味である「楽しみを味わうこと」が、日常会話の中で使われる「謳歌」の意味といえます。

日常会話の中で「謳歌しているね」と言われたら、それは、「おおいに楽しんでいるね」といわれているのと同等だと考えましょう。

「うたう」という行為には、多くの場合、楽しい気持ちで行われ、その楽しい行為を表す漢字を二重に使っていることから、「楽しみを味わう」という意味に転じたものと考えられます。

3の意味の例文

「楽しみを味わうこと」という意味で使われる「謳歌」が一番一般的なので、例文にもなじみのある文章がたくさんあります。

【例文】
・青春を謳歌する
・我が世の春を謳歌する
・人生を謳歌する
・休日を謳歌する


いずれも「~を」の行為を大いに楽しんでいる様子が目に浮かびます。単に楽しむだけではなく、楽しさをかみしめ、じっくりと味わうという感覚を感じ取りましょう。

謳歌するとは

謳歌とは/意味3つと例文/謳歌するの使い方/謳歌の類義語
※画像はイメージです

Latests