Search

検索したいワードを入力してください

何も考えたくない時の対処法6つ|性格・仕事の悩み

初回公開日:2019年03月11日

更新日:2020年08月20日

記載されている内容は2019年03月11日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

誰にでも何も考えたくない時はあります。仕事や勉強、恋愛はもちろん将来への不安などで何も考えたくないことがあるので、気持ちの切り替えをするようにします。不安要素は他人が関わっていることもあるので、できるだけ自分の感情をコントロールできるようにしましょう。

何も考えたくない場合の対処法6つ

何も考えたくない時の対処法6つ|性格・仕事の悩み
※画像はイメージです

人には何も考えたくない時があります。それは仕事や恋愛、勉強が上手くいっていない時などですが、そのような状態になっても対処法を見つけて対応することが大切です。どうして何も考えたくないのかと考えるよりも行動に移すようにしましょう。

自分が何も考えたくない場合は、気分転換をすることを考えたり、好きなことや好きな音楽を探しておくことが大切です。自分の心の処方箋になる曲や本などを見つけておくことでも、対処法になります。

対処法1.自分の好きなことをする

何も考えたくない時は悩むことが自分にとって負担になっていることが多いです。自分の好きなことをすることで、また違った考えが浮かぶことがあるでしょう。何も考えたくない場合は塞ぎ込みがちになりますが、あえて好きなことをしてみるべきです。

自分が夢中になり、時間の経過を忘れるようなことをすることで現実に向き合う力を得ることができます。旅行やドライブ、好きな料理を作るなどその人にとって好きなことをしてみましょう。

対処法2.自分の思いや希望を書いてみる

何も考えたくない時の対処法6つ|性格・仕事の悩み
※画像はイメージです

自分が何も考えたくない時は、冷静な考え方をなくしている場合があります。ノートや手帳に目標やこれからどうしたいのかを書くことで感情の整理ができることがあります。また自分の希望を他人に話すことで新たな気持ちで現実に向き合う気持ちが生まれることもあります。

自分が何も考えたくない時は、今まで成し遂げたきたことを書きながら手が届きそうな希望や目標を書き留めてみましょう。

対処法3.涙を流すことで感情のコントロールをする

最近は涙活という言葉も出てくるほど涙を流すことが注目されています。本当に何も考えたくない時はなかなか涙を流すことが難しいこともありますが、注目されているヒューマン映画や叙情的な歌詞の歌を聴くことで涙を流すことをします。

何も考えたくない時は、涙を流すことで感情のコントロールをしましょう。自分が学生時代に感動した小説や音楽を忘れないでおいたり、涙を誘う映画を調べて見るようにします。

対処法4.睡眠をとることで考えをリセットする

何も考えたくない場合はある程度の睡眠をとるようにします。何も考えたくない時は、眠れないこともありますが睡眠をとることで感情をリセットすることができます。極度に長い睡眠は体に悪いので、夜に睡眠をとるように少し長めに寝るようにします。

自分が辛いと感じて何も考えたくないと考えたら、次の日の学校や仕事に備えて早めに寝るようにして体を軽くしておきます。そうすることで柔軟な考え方が生まれてくるでしょう。

対処法5.自分の好きな音楽を聴く

音楽というのは人の心の支えになることがあります。楽しい時に聴いた音楽や学生時代に思い出に残る音楽を聴くことで明日への活力になることがあります。また店頭でアナログ盤を探すことでも気分転換になるでしょう。

自分が何も考えたくない場合は、友達などとカラオケに行ったり、好きなアーティストのライブなどに参加して気分転換を図りましょう。

対処法6.体を動かし汗をかく

汗とかくことは気分転換になることが多いです。スポーツや運動は一人で行うものが少ないので、仲の良い仲間と体を動かすことで悩みも打ち明けやすくなるでしょう。また今まで挑戦しようと悩んでいたスポーツにもチャレンジすることでも新たな活力になります。

親しい友達とスポーツをしたり、ストイックに体を鍛えることでメンタルを管理するようにします。天気の良い日に外で体を動かすようにして、新たな意欲を得るようにしましょう。

何も考えたくない人にありがちな仕事の悩み4つ

何も考えたくない時の対処法6つ|性格・仕事の悩み
※画像はイメージです

仕事が上手くいかないと何も考えたくないという気持ちになります。場合によっては自分の力ではどうにもできないこともありますが、冷静になることが大切になります。

仕事の悩みがある人は、一人で悩まずに同僚や上司に相談して問題の解決を図るようにします。たとえ問題が解決しなくても今までしてきたことを考えて落ち着いて行動するようにします。

ありがちな仕事の悩み1.給料が安い場合

今は正社員として仕事をしていても、給料が安いことがあります。ましてや家族を養っているとなれば気分転換などでは解決できないでしょう。自分が働いている会社でどのようにすればステップアップができるかを調べて具体的に行動に移すようにします。

転職を考えることもできますが、その場合は自分のスキルや資格、職歴などを考慮して仕事を変えるか決めるようにしましょう。

Latests