Search

検索したいワードを入力してください

適当に生きる人の特徴7つと方法10つ

初回公開日:2019年03月11日

更新日:2020年08月20日

記載されている内容は2019年03月11日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

適当に生きるようにしている人は周囲から面倒な人と思われることも多いです。ですが、その自由な生き方はストレスを受けにくく、現代社会に適した生き方でもあります。なので、ストレスを避けるために、あえて適当な生き方をしている人もいます。

適当に生きる人の特徴7つ

後先のことを考えずに適当に生きる人がいます。このような人と一緒に行動をすると、その人の言動に振り回されてしまうことがあります。

このとき、振り回される方は迷惑に感じたり、ストレスを感じたりなどすることがありますが、適当に生きるようにしている方の人は自分の自由にしているため、何も感じていないことが多いです。

そのため、適当に生きるようにしている人は周囲から面倒な人と思われることも多いです。ですが、その自由な生き方はストレスを受けにくく、現代社会に適した生き方でもあります。なので、中には、あえて適当に生きるようにしているようにしている人もいます。

特徴1.相手に左右されない

適当に生きる人は周囲からの印象を気にしません。そのため、誰が相手であっても、接する態度を変えたり、相手の立場などによって意見が流されたりすることがありません。

そのため、適当に生きているように見える人でも、実は芯がしっかりしていて、自分の意見を誰にでも臆せず言うことができたりします。

いつでも自分の言いたいことを言えるため、適当に生きる人はいざというときに頼りになったり、立場が上の人にも意見が言えるため、後輩などから信頼されることが多いです。

特徴2.気分で物事を決める

人と一緒に行動をしていると、周囲の人の意見や行動に合わせることが必要な場面も出てきます。しかし、他人に意見や行動を合わせるときに、自分にとって嫌なことをしなければいけないようなことになってしまうこともあります。

このような場合、多くの人が周囲の人との関係に波風を立てないように、我慢をします。しかし、適当に生きる人は周囲からの印象を気にしないため、自分が嫌なことは嫌とハッキリ言うことができます。

また、嫌なことや好きなことは気分によって変わることもあります。適当に生きる人はその気分にも従うため、前回は喜んでやったことも、今回は断るということもあります。

特徴3.半分の力で効率よく働いている

適当に生きる人は周囲からの印象を気にしません。そのため、仕事などでも無理に良い結果を出そうとはしません。適当に生きる人は良い結果を出すよりも、常にそれなりの結果を出し続けることを求めます。

それなりの結果を出していれば誰からも文句を言われることがなく、良い結果を出しすぎないことで、大きくて面倒な仕事が回ってこないようにしています。

しかし、これは半分ほどの力で効率良く仕事をこなしているということでもあります。なので、実は適当に生きる人の中には、高い能力を持った人が多くいます。

特徴4.適当に生きる人ほど芯がぶれない

先に述べたとおり、適当に生きる人は周囲からの印象を気にしなかったり、他人に左右されない性格をしているため、自分の芯がぶれることがありません。

ただし、気分で行動や意見が変わることがあるため、言動に一貫性がないように勘違いされてしまうことは多いです。しかし、適当に生きる人は言葉や行動などのような表面的な部分はふらふらとしていますが、その芯は動くことはありません。

特徴5.好きなことは100%で打ち込む

上記で述べたとおり、適当に生きる人は芯がぶれることがありません。そのため、1度好きになったことに対しても、その芯がいつまでもぶれません。なので、適当に生きる人には趣味や恋愛などが長く続くということ特徴があります。

また、芯がぶれることなく、長くそのことに打ち込むため、趣味であればかなり高いレベルにまで至るということも珍しくありません。

特徴6.リスクをチャンスだと思って行動する

適当に生きる人は周囲からの印象を気にしません。そのため、仕事でもそれなりの結果を出し続けることを望むことが多いです。

しかし、誰もが嫌がるようなリスクのあることに対しては、喜んで手を出してしまうことがあります。リスクがあるということは、失敗などをしてしまうと周囲の評価を落としてしまう可能性があります。

ですが、適当に生きる人は印象を気にしないため、失敗を恐ることがありません。むしろ、リスクを背負って、成功した場合には周囲からの評価が高まります。

なので、成功したときの喜びを味わいたいという気分に乗れば、誰もが嫌がることでも自ら進んで行ってくれることもあります。

特徴7.思考がシンプル

先に述べたとおり、適当に生きる人は気分で言動が変わったりします。そのため、言動に一貫性が内容に思われることも多いです。

しかし、適当に生きる人は気分で言動が変わるため、その気分を読むことができれば、その言動を簡単に予測することができます。

また、適当に生きる人は言動に一貫性がなくても、芯はぶれないため、その人の性格を良く知っている人であれば、思考を読むことも簡単となります。

適当に生きる方法10つ

適当に生きる人は自分の意見をいつでも主張できたり、自分の嫌なことはハッキリと断ることができたり、日常生活でストレスを感じにくい生き方をしています。そのため、現代社会に適した生き方でもあります。

しかし、適当に生きるには、いくつか意識すべき点があり、それらは日常生活で実行することが意外と難しいこともあります。

適当に生きる方法1.適当は悪いことではない

適当に生きることと、半端なことをすることは似ているようで違います。適当に生きる人は、物事の最低限のノルマは確実にこなしています。なので、仕事を半端な仕上げにしたり、途中で諦めたりすることはありません。

むしろ、スタンダードに結果を出し続けるため、どちらかというと能力は高い方になります。また、自分の意見が家たり、人によって態度を変えたりすることなどもありません。

なので、ストレスなどを避けるために、適当な生き方をしたいのであれば、まずは適当な生き方は能力が高い人がすることであることと、適当であることは必ずしも悪いことではないということを把握しておくようにしましょう。

適当に生きる方法2.100点を取ろうと思っていない

Latests