Search

検索したいワードを入力してください

会社説明会で心がけたいマナー・挨拶の仕方・手荷物の扱い方

初回公開日:2017年11月10日

更新日:2020年08月20日

記載されている内容は2017年11月10日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

就職活動において、会社説明会に参加する場合のマナーについて心得はありますか?服装や持ち物は?好印象を持ってもらえる方法は?今回は、会社説明会における基本的なマナーから挨拶のポイント、メールのマナーまで詳しく紹介していきます。

会社説明会で心掛けたいマナーとは?

就職活動に勤しむ大学生にとって、初めて会社の方と接触する大切な機会が「会社説明会」です。今回は会社説明会において、申し込みから、質疑応答、手荷物の扱いまで、さまざまなマナーについてご紹介いたします。

新卒の場合のマナーとは?

会社説明会を「企業の説明を聞くための場所」と安易に考えていませんか?企業によっては、参加した学生の様子をしっかりとチェックしているところもありますので、初めて社会に出る新卒の方は、まず会社説明会に参加する前に、身だしなみや持ち物についてのマナーを確認をしましょう。

身だしなみについて

「人は見た目じゃない」と言いますが、初対面となる企業の方にとっては、あなたの見た目が第一印象となります。清潔・誠実、そして新卒ならではのフレッシュさが見えるような身だしなみを心掛けましょう。

○髪型
・男性の場合は、短めでさっぱりとした印象に見える髪型が良いです。女性の場合は、顔や耳に髪の毛がかからないようにしましょう。長さがあれば、まとめるのが無難です。

○スーツ
・自分の体に合ったものを用意しましょう。色は紺や黒、グレーなどが一般的です。ネクタイは色・柄ともに派手すぎないものを選びます。

○ワイシャツ・ブラウス
・色は白が好印象です。襟もノーマルなものにします。女性の場合は開襟タイプも良いでしょう。シャツの中に下着を切る場合は、襟から見えないように気を付けてください。

○靴・靴下
・靴の色は黒が一般的です。靴下は黒、もしくはスーツに合わせた暗い色(紺など)を選びます。女性の場合は、数センチヒールのあるパンプスが歩きやすく、見栄えも良いです。ストッキングは肌色で、伝線した時のために予備があると安心です。

○鞄や小物類
・鞄はA4サイズが入るもので、自立するタイプがです。新社会人の場合は特に黒が良いです。

○爪
・意外と見落としがちなのが爪の手入れです。短く清潔にしておきましょう。女性でマニキュアをつける場合は、透明や薄めのピンクなど、自然な色にします。

持ち物について

会社説明会に参加する際の持ち物についてリスト化しています。出発の前、できれば前日までに用意をしておき、当日慌てる事のないようにしましょう。

○筆記用具
・説明会の最中にメモをとったり、アンケートを書いたりと、多くの場面で使います。

○会社案内・説明会事前資料
・事前に手元にある場合は持っていきます。クリアファイルなどに入れてきれいに持ち運びましょう。

○履歴書・エントリーシート
・提出を求められた場合に応じられるよう、用意しておきます。

○スケジュール帳
・アプリでの管理も可能ですが、説明会中は電源を切るのが基本です。ビジネス用に紙媒体の手帳を用意しましょう。

○ハンカチ・ティッシュ
・最低限のマナーとして常に鞄に入れておくようにします。

○携帯・スマホ
・企業と連絡をしたり、会場へ行くまでの地図アプリを使用したり、今後社会人としても必需品になってきます。ただし、説明会の前には電源をオフにします。

その他、印鑑や学生証、天気によっては折り畳み傘などもあると安心です。しかし荷物が多すぎて鞄がいっぱいになると、出し入れに手間取ったり、整頓できていないように見えてしまいますので、余計なものは入れないようにしましょう。

中途採用や転職の場合は?

新卒向けの会社説明会とは別に、中途採用・転職説明会を実施している企業もあります。現在働いている人にとって、説明会に参加する事自体が難しい場合もありますが、企業の雰囲気や社風を知る事のできる良い機会ですので、積極的に参加してみましょう。また、説明会から選考を開始していたり、面接や試験を行うケースもあります。

社会経験のある人物が集まる場と言えますので、社会人としてのマナーは新卒以上に気を使い、ケアレスミスのないように気を付けてください。

企業の訪問の仕方やマナーは?

準備が整ったらいよいよ会社説明会の行われる企業・会場へ向かいます。訪問の際に気を付けるべき事、マナーについて紹介します。

会場前~受付で気を付ける事は?

会場へは、会社説明会の受付開始10~15分前に到着するようにします。余裕を持って行動する事は大事ですが、早く着きすぎても、ぎりぎり過ぎても良くありません。早く着きすぎた場合は会場近くで待機するなどして時間を調整しましょう。コートやマフラーなどは建物に入る前に脱ぐのがマナーです。

受付では、自分の大学名と氏名を伝え、必要に応じて書類の受け渡しがあります。受け渡しは両手で行います。資料を頂いたり場所を示されたりした際には、会釈のみでなく言葉でお礼を言うのを忘れないようにしましょう。

会場入りしてからの待ち時間

受付が終わり、会社説明会が始まるまでの時間にも、押さえておくべきマナーや好印象を持ってもらうためのポイントがあります。

着席場所が自由の場合は、前から座っていくのがマナーです。着席後は姿勢を崩しすぎず、資料があればそれに目を通すなどして静かに待ちます。特に足や腕を組むのは態度が悪いと思われますので、気を付けましょう。

携帯・スマホは電源をオフにする確認作業程度にとどめ、むやみに操作しないようにします。鞄は足元に置いておくことになりますので、メモのための筆記用具を事前に出しておくと、説明会が始まってからがさごそとせずに済みます。

挨拶について

受付や会場内で企業の人に合った際には、しっかりと挨拶をしましょう。相手の目を見て、はっきりと挨拶ができるとそれだけで印象が違います。特に受付の際は、自分の大学名や名前をいう事でいっぱいになってしまい、挨拶を忘れがちです。落ち着いて笑顔で挨拶する事を意識してみてください。

会社説明会での手荷物の扱い方とマナーは?

会社説明会の最中、時期や天気によっては、コートや傘なども持って歩かなければならなくなりますので、スマートに行動できるようマナーの確認をしておきましょう。

コートの扱い方は?

会社説明会は冬に行われる事が多いため、コートを着ていく際のマナーは必須と言えます。先述のとおり、建物に入る前に脱ぐ事が最初のマナーですが、脱いだコートはどのように扱えばよいのでしょう。

まず就活以前の上着の扱いとして、「外側を中にして畳む」というマナーがあります。これは外の汚れを建物内に持ち込まないためとされています。ここまで気にしないという企業も多いですが、多くの就活生が集まる会社説明会において、一歩抜きんでるポイントにもなりますので知っていて損はないでしょう。

移動中は畳んだコートを腕にかけておきますが、着席の際はスペースに応じて鞄の上や椅子の背もたれにかけるのが一般的です。

Latests