Search

検索したいワードを入力してください

バーニングの6つの意味と語源|バーニングの使い方10通り

初回公開日:2018年01月05日

更新日:2020年03月09日

記載されている内容は2018年01月05日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

「バーニング」の語は、「バーニングラヴ」という形で使われることが多いでしょう。「バーニングアップ」という使い方もあります。では、「バーニング」の意味を知っていますか?「バーニング」の意味や使い方などについて、ご紹介しています。

「バーニング」とは

バーニングの6つの意味と語源|バーニングの使い方10通り
※画像はイメージです

「バーニング」とは、普段からよく使用されているカタカナ語です。芸能プロダクションの名前や映画の名前としても使用されています。

そんな「バーニング」という言葉ですが、みなさんは「バーニング」の持つ意味をご存知ですか。この言葉は、実にたくさんの意味を持つ言葉です。

今回は「バーニング」について語源や意味、使い方を詳しくご紹介します。この記事を通して「バーニング」の基本をマスターしましょう。

「バーニング」の由来/語源

「バーニング」の語源は、古英語の「焦げた」や「熱い」を意味する動詞「burn(バーン)」からきています。

14世紀半ばくらいからは「強い」や「強力な」という比喩的な意味として用いられ、「興奮を引き起こす」や「Burning Question(どうしても知りたいこと)」の意味としては、1965年から使用され始めました。

「バーニング」の意味

バーニングの6つの意味と語源|バーニングの使い方10通り
※画像はイメージです

ここでは、「バーニング」の意味をより詳しく解説していきます。「バーニング」は実に多くの意味を持つ言葉なので、一言では言い表すのは結構難しいでしょう。みなさんも基本的な「バーニング」の意味を知っていても、詳しくは知らないという人が多いと考えます。

また、考えているのと違う意味で相手が「バーニング」を使用した場合には、誤解が生まれてしまう可能性もあります。そうならないためにも今一度確認していきましょう。

意味1:燃える

まず、「バーニング」の基本的な意味です。「バーニング」は「燃える」の意味で使うことが基本とされており、似た意味として「燃えている・燃えるような・燃えるように」というのもあります。

日本で「バーニング」という言葉が使われる時の多くはこの意味での使用です。その言い方に対する印象通り、「バーニング」には「燃える」という意味が存在しています。

意味2:非常に熱い

「バーニング」には「非常に熱い」や「灼熱感」という意味もあります。「バーニング」の基本的な意味は「燃える」と言いましたが、「燃える」よりもさらに強く燃える印象の「非常に熱い・灼熱感」の意味でよく用いられています。

「燃える」という意味では単純に「熱い」イメージですが、「非常に熱い」の意味では「すごく燃えている」というイメージが湧くでしょう。

意味3:強烈な

「強烈な」の意味は、「燃える・非常に熱い」のイメージから連想された意味だと考えられます。似た意味としては、「激しい」や「甚だしい」です。

「強烈」の意味は「力などが強く作用し激しいこと」ですので、「強く燃えるような(非常に熱いと感じるような)激しく強い様子」を「バーニング」という言葉で表すことができます。

意味4:重大な

バーニングの6つの意味と語源|バーニングの使い方10通り
※画像はイメージです

「重大な」の意味は、「焦眉の」という意味と結び付く部分があります。「危機が迫っている」状況は、時によっては見て見ぬふりができないものであり、逃れることも意識的に行わないといけません。

そういった状況では「事としての重さ」がある上に、それはとても「大きな事」です。そのため、「重くて大きな事」つまり「重大な」の意味も「バーニング」にはあります。

意味5:白熱している

勝負などの状況で最高に場の空気が盛り上がっていることから、「白熱している」もバーニングの意味に含まれています。そもそも「白熱している」の「白熱」には、物体が白に近い光を出すほど高温で熱せられるという意味があり、これは「白熱灯」のことを指すそうです。

ですが、ここでは「白熱」のもう1つの意味である「勝負などの雰囲気が最高潮に達する」を使用しています。

意味6:焦眉の

「バーニング」の「焦眉の」という意味は「非常に熱い」つまり「激しく燃える」の意味から派生したものと考えられます。「焦眉」という言葉は「危機が迫ること」を意味し、その状況を「眉毛を焦がしそうなくらい火が迫っている」という様子に例えている言葉です。

「バーニング」は「燃える」や「白熱」といった意味の他に、「燃える」ことによる危険を表す「焦眉の」の意味で使うこともできるということになります。

「バーニング」の使い方

ここからは、「バーニング」の使い方を詳しく見ていきましょう。ここまでで「バーニングの意味や由来はわかったけど、使い方はまだいまいちわからない」という人も多いと考えます。

実際の「バーニング」の使い方を参考にしながら、日常でも活用してください。

使い方1:バーニングラブ

Latests