Search

検索したいワードを入力してください

「晩婚化」の意味都使い方・理由・対策方法・現状・影響・本

初回公開日:2018年11月19日

更新日:2020年08月20日

記載されている内容は2018年11月19日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

晩婚化とは多くの人々の初婚の年齢が上がることを指しています。政府や厚生労働省が施策を講じているますがなかなか大きな成果に繋がっていません。晩婚化でも自分の生活や仕事を安定させることで好きな人との結婚を考えられるようにしていきましょう。

晩婚化が起こる理由や原因って何?

晩婚化とは結婚が遅れることを指しています。その時代に合わせた価値観や、人々の考え方で結婚をする年齢が変わってくるので、晩婚化は誰にも降りかかる問題になっているでしょう。

働く人や若い人の晩婚化が進む理由や原因として、雇用が安定しないことや物価の上昇、その時々の人々が持つ価値観でも晩婚化は起こっています。理由や原因がわかっても解決の方法が見つからないこともあるので、一人一人に何ができるかが問われていると言えるでしょう。

非正規雇用が増えているのも要因の一つ

2000年から非正規雇用が本格的に進んできました。請負、日雇い、規制緩和、派遣社員が増えてきて、企業優先の働き方が生まれたのも人びとの晩婚化を進めた要因とも言えます。

なぜなら、非正規雇用として働くことで収入が安定しないので、結婚が遅れることや結婚をしても子供を持たないことが人口が減っている理由になっているのでしょう。

非正規雇用の人が増えたもの晩婚化を進めている要因になっていますが、人々が過剰なサービスや安い商品を求めることでも非正規雇用を増やしている理由となっています。

男女の価値観が変わりつつある

女性が男性並みに働く人が増えて、以前よりも結婚に対する考え方が変わってきています。女性の中には子供は欲しいけど、結婚はしたくないという女性が増えているので価値観の多様化でも晩婚化や未婚を進めていると言えるでしょう。

また女性の方が仕事で力を発揮することもあるので、男性が女性にアプローチしずらくなっている風習もできつつあるので、一昔前よりかは男女の立ち位置が変わってきていることも考えられます。

晩婚化に対して政府がとっている対策って何?

晩婚化が進むのはバブル後の「失われた20年」というものがあるので、グローバル社会に備えて子供の語学力を上げることや、プログラミングなどを学ばせることを実施しています。

経済が不透明な部分があるので、非正規雇用の人にキャリア支援をすることや、子育てサービスの充実化を進めています。働く人の収入を上げるようにして、結婚という選択肢が持てるように政府は雇用や子育ての不安をなくすような施策を行っています。

厚生労働省がとっている施策とは何か

平成25年度の厚生労働省の施策では、住む場所で子供を育てやすい環境作りや労働環境の整備、年金や医療などを充実させるように厚生労働省は施策を打ち出しています。

しかし、その施策が全ての若者が感じることができていないので、国民全体の晩婚化が進んでいる状態になっているのが現状でしょう。政府は雇用を安定させることや子育てサービスの充実を進めながら、結婚や家庭といったことに興味を持ってもらうように動いています。

若者の考えやニーズに合わせた施策がなされれば、晩婚化を避けることもできます。

晩婚化の現状やデータなどはどうなっているのか

明治維新があった後から日本人の人口は増え続けましたが、80年代後半から30年余りの期間、人口が減っています。

他の国々の人口は増えているのに対して、日本は人口が減っているので晩婚化に対する施策が必要と言えるでしょう。2010年に1億2800万人だった人口が現在は2700万人ほど減ってきています。

働く人の雇用や年金、医療の充実をより強化する必要があると言えるでしょう。

年度人口の数
1868年明治維新3000万人
1945第二次世界大戦終戦後7000万人
2010年1億2800万人
2016年1億1500万人

非婚化の比率とは

この表は男女の初婚の年齢を示したものですが、年々初婚の年齢が上がってきているのが分かります。その時代背景もありますが、一人でいてもそれほど不自由をしない世の中になってきており、人々の結婚に対する考え方が変わりつつあると言えるでしょう。

若い人の初婚の年齢が上がれば、晩婚化が進んでいるということになるので、国の施策を充実させることと、個人が持つ危機感を高めることも必要になってきます。

年度初婚男性初婚女性
1990年28.4歳25.9歳
2000年28.8歳27.0歳
2012年30.8歳29.2歳

晩婚化の言葉の意味と使い方とは

生きている人にとって、晩とはそのまま「夜」という時間帯を示しており、婚は結婚の意味でそのまま遅い結婚という意味を指しています。使い方としては、多くの人の婚期が遅いことを指す言葉として使われることが多いでしょう。

晩は晩年という言葉にも使われるので、遅いもしくは人生で多くの経験を積んだという意味で捉える人も多いです。晩年の結婚なので、そのまま晩婚と指すこともあるでしょう。

言葉は場面や状況に合わせて使う必要があるので、誰でも晩婚という言葉を使うのはやめておきましょう。

国民の結婚が遅れているという意味を持つ

晩婚はそのまま晩年の結婚を指しますが、「化」という文字がつくと社会全体のレベルでの結婚する年齢が遅いことを指します。

例えば「情報化」という言葉も社会全体を指しているので「化」という言葉は時に社会全体を指す言葉に変わることもあるでしょう。日本人の晩婚化が進んでいるという表現をしなくても、晩婚化という言葉で社会全体の初婚年齢が遅くなっていることを表します。

Latests