Search

検索したいワードを入力してください

「枚挙にいとまがない」の意味と使い方・読み方・例文・由来

初回公開日:2018年10月23日

更新日:2020年08月20日

記載されている内容は2018年10月23日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

日本語には、日常会話ではあまり使わない、意味のわかりにくい言葉はたくさんあります。その実例をあげようと思ったら、枚挙にいとまがありません。この「枚挙にいとまがない」という言葉も、日常的にあまり使われないので、意味がわかりにくいことばの一つではないでしょうか。

「枚挙にいとまがない」の読み方

「枚挙にいとまがない」の意味と使い方・読み方・例文・由来
※画像はイメージです

「枚挙にいとまがない」の読みは「まいきょにいとまがない」です。「枚」は「枚数(まいすう)」の「まい」、「挙」は手を上げることを意味する「挙手(きょしゅ)」の「きょ」です。

「枚挙にいとまがない」は特に変わった読み方ではないですが、言い回し自体あまり使われませんので、漢字で書かれても読み方がわからない、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

「枚挙にいとまがない」の意味と使い方

「枚挙にいとまがない」の意味と使い方・読み方・例文・由来
※画像はイメージです

「枚挙」とは「ひとつひとつ数え上げること」という意味です。「いとまがない」の「いとま」とは多くの意味を持つ単語ですが、「枚挙にいとまがない」という表現に用いる場合は「(何かをするために割ける)時間」という意味を持ちます。

すなわち、「枚挙にいとまがない」を別の言い方で表すなら「ひとつひとつ数え上げるには時間が足らない」となります。

「枚挙」だけで用いることもできる

「枚挙にいとまがない」の「枚挙」だけを用い「数え上げる」の意味で、「彼の長所を枚挙する」といった書き方をすることができます。この「枚挙」の類語としてよく耳にする言葉に「列挙(れっきょ)があります。

「枚挙」と「列挙」の違い

「列挙」は「ひとつひとつ並べあげて数えること」を意味する言葉で、「枚挙」と非常によく似た言葉ですが「列挙にいとまがない」という用い方はしません。

これは「枚挙」がすでに明白な事例を「数え上げる」ことであるのに対し、「列挙」が「物事から問題点などを抽出して並べあげる」こと、つまり個々の事例がまだ定かではない事柄から数え上げることを意味するからです。

また「枚挙にいとまがない」はどれだけの事例があるかわからないところから数え上げるのですから、そのことにどれだけの時間がかかるか、当然わかりません。

「枚挙にいとまがない」の由来

「枚挙にいとまがない」の意味と使い方・読み方・例文・由来
※画像はイメージです

「枚挙にいとまがない」は、もともと「枚挙」という言葉自体が「列挙」の類語となる一般的な単語ですし、「いとまがない」も「時間がない」の別表現にすぎません。つまり、「枚挙にいとまがない」という言葉には、特に由来はありません。中国の古典を出典元とする故事成語というわけでもありません。

「枚挙にいとまがない」の類語

「枚挙にいとまがない」の意味と使い方・読み方・例文・由来
※画像はイメージです

以下に、「枚挙にいとまがない」の類語の例をあげます。「枚挙にいとまがない」という言葉自体が文章として構成されていますので、文章を構成する要素に分解して、それぞれの要素ごとに類語を見ることができます。

「枚挙」としての類語

「ひとつひとつ数え上げる」という意味としての「枚挙」には、次のような類語を上げることができます。

列挙(れっきょ)

前述もしました「列挙」がまず類語として上げられます。意味は「ひとつひとつ並べあげる」となります。「枚挙にいとまがない」とは似て非なります。

羅列(られつ)

「枚挙にいとまがない」の枚挙のなかには、羅列という意味合いも含まれています。「羅列」とは事例を連ね並べることを意味します。

「枚挙」や「列挙」が特定の浄華院に基づいて項目を数え上げることに対し、羅列は「数値を羅列するだけでは意味がない」というように、要素を無条件にただ並び連ねることを指しています。

箇条書き(かじょうがき)

「枚挙にいとまがない」の枚挙の中には箇条書きの意味合いも含まれます。「箇条書き」とは、事物を構成する要素を項目化し、それを一覧表としてまとめることです。実際には、次のような書式を指しています。

「箇条書き」の類語
1.枚挙
2.列挙
3.羅列

「たくさんある」という意味の類語

Latests